手相で占う!幸運の前兆に見られる手相は?

カナウ


手相で占う!幸運の前兆に見られる手相は?

心にあかりを灯す占い師・うかれれです。

突然ですが、あなたはつい最近幸運を手に入れられましたか?

もしくは、幸運を手に入れたいと強く思っていますか?

あなたに幸運の兆しが訪れているかどうかは手相で見ることができます。

今回は「手相で占う!幸運の前兆に見られる手相は?」についてお話しします。

手相は、おもに左手を中心に見ていきます。

それではいってみましょう!

目次



向上線がある人




向上線がある人は、幸運の前兆に見られる手相の人です。
向上線とは、生命線から伸びた別の線が、人差し指に向かっている状態をいいます。
別名「努力線」ともいいますね。
人差し指の付け根の下のエリアを「木星丘(もくせいきゅう)」といいますが、このエリアに向かっている線は、「目的や目標、野心を持って取り組むことで願いが叶う」ことを示します。
願っている幸運が近くにあること、幸運を掴みに行くのにベストなタイミングであること、そのようなときにこの線が現れます。

開運線がある人




開運線がある人は、幸運の前兆に見られる手相の人です。
開運線とは、生命線から伸びた別の線が、中指に向かっている状態をいいます。
中指の付け根の下のエリアを「土星丘(どせいきゅう)」といいますが、このエリアに向かっている線は、「研究や分析、洞察を深くすることで、開運を手に入れられる」ことを示します。
あなたがどれだけ物事の本質を見て取れるか、によって、開運線の現れかたや本数、濃さが変わってくるでしょう。
それらは、あなたの開運力の強さを示すようになります。

爪に白い斑点がある人


爪に白い斑点がある人は、幸運の前兆に見られる手相の人です。
斑点の数はひとつでもかまいませんし、複数でもかまいません。
斑点が現れる指によって意味合いが微妙に違ってきますが、どれも「幸運の訪れ」を暗示するものであることに違いありません。
斑点がある期間は、幸運に恵まれたり、幸運の兆しを感じ取れたりします。
爪の付け根らへんから白い斑点がある人は、大体3ヶ月ぐらい幸運が続くでしょう。

おわりに


いかがだったでしょうか。
今回は「手相で占う!幸運の前兆に見られる手相は?」についてお話ししました。
幸運とは、もちろん棚からぼたもち的なものもありますが、たいていは、あなたの「願いを叶えたい」という強い意識と、願いを叶えるための大きな行動によって得られます。
あなたの意識や行動の変化は、未来に訪れる幸運を育む種まきとも言えるのです。
あなたの願う「幸運」をあなたの運で引き寄せましょうね。
(うかれれ/占い師)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ