佐藤健、恋について「理想はなし」「すべてが規格外であって欲しい」

俳優・佐藤健が25日、動画配信サービス「Netflix」のグローバルファンイベント「TUDUM」の日本ステージ「TUDUM Japan」に女優・満島ひかりとともに登場した。そこで2人がサイコロトークで“恋バナ”をしたが、佐藤は「理想の恋」について語ることになった。

世界5つの地域で時間差で開催された「TUDUM」のグランド・フィナーレとなる「TUDUM Japan」が都内で開催され、日本発のアニメ、ライブアクション(実写)の最新作が約50作品紹介された。

その中の1作品が満島ひかり佐藤健がダブル主演するNetflixシリーズ『First Love 初恋』。宇多田ヒカルの1999年に発売され大ヒットした珠玉の名曲『First Love』とその19年後に発表された楽曲『初恋』からインスパイアされた究極のラブストーリーで、満島はフライトアテンダントを目指すも不慮の事故で運命に翻弄される野口也英(のぐち やえ)、佐藤は一度は航空自衛隊のパイロットになるも現在は別の道を進む一途でまっすぐな性格の並木晴道(なみき はるみち)を演じる。監督および脚本は寒竹ゆり氏が務める。

楽曲『First Love』が流れる中、レッドカーペットに満島ひかりと佐藤健が手を振りながら登場すると、会場が熱気を帯びた。佐藤は「久しぶりに皆さんと同じ空間を共有できる機会なので非常に嬉しく思います」と挨拶して笑顔を見せた。満島も佐藤も昨年中はほぼ同作の撮影に充てたそうで、佐藤は「コロナ禍で撮影が延期になったりして1年間ずっと撮影していたわけではないんですけど、気持ちはずっとこの役に残っている状態で去年1年間過ごしたので、いよいよ皆さんに観てもらえると思うと非常に感慨深いです」と1年通して役に寄り添ったという。

2人はステージでソファーに並んで座ってサイコロトークをすることに。満島は「キュンキュンする恋」の目が出たが「髪が寝起きでボサボサってして眠そうな(人にキュンキュンする)」と述べると、佐藤に向かって「現場入ってきたときカッコいいよ」と声をかけた。「確かにほぼ起きてないんですよ。メイク中に徐々に起きてくる感じなので」と佐藤が認めると、満島も「健くんはメイク中はほぼ寝てるよね。目を閉じているぐらいで現場に来て」と頷いた。

一方サイコロで「理想の恋」の目を出した佐藤は「難しいな、これは。理想はないですね」といきなり回答を放棄。「自分でも全く想像できないようなところで恋に落ちたいですし、コントロールできない方がいいので、理想と言えるようなものがないですね。すべてが規格外であって欲しい」とその意図を明かした。理想のデートでは「買い物したいですね。女性のショッピングにああだこうだ言いたい」という佐藤は「それ着てみたらいいんじゃない?」と言ってみたいそうだ。

ちなみに佐藤健の初恋は幼稚園の頃だったという。ステージ登場前に流されたVTRで作品タイトルにもなっている“初恋”について聞かれた佐藤は「そのときの感情までは明確に覚えていないけど、幼稚園のときに人を好きになったんです。彼女と会えるだけで嬉しかったり、一言二言会話するだけで嬉しかった。そんな時期が僕にもありました」と懐かしんだ。そして「大人になって同じようにドキドキするのは難しいじゃないですか。それでも自分にもああいう時代があったのが嬉しいし、ラブストーリーを観たりすると、画面の中でドキドキする人に憧れたり羨ましかったりしますよね」と続けて「ぜひこのラブストーリーを大切な方と一緒に…、大切な方が近くにいない人は大切な方のことを思い浮かべながら観て欲しいなと思います」と願いを込めた。

Netflixシリーズ『First Love 初恋』は11月24日(木)Netflixにて全世界独占配信。満島は「皆さんの想像していない規模の広い豊かなラブストーリーになっていると思われます。配信楽しみにしていてください」と呼びかけた。

「TUDUM Japan」には他に、12月22日(木)Netflixにて全世界独占配信されるNetflixシリーズ『今際の国のアリス: シーズン2』から山崎賢人土屋太鳳が、2023年1月12日(木)Netflixにて全世界独占配信されるNetflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』からダブル主演の森七菜、出口夏希も登壇した。

(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT

(C)小山愛子・小学館/ STORY inc.

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ