大型トラック横転で大人のおもちゃが道路に散乱 ニュース伝えるリポーターも困惑

しらべぇ




道路で大型トラックが横転し、荷台の荷物が散乱するという事故がたびたび起こっている。道路は長時間にわたり閉鎖され、その片付けはじつに大掛かりな作業だ。

そんななか、アメリカでニュース番組のスタッフが困惑するような事故が発生したことを、『TMZ』や『Daily Mail』などが報じている。

■道路が半日も閉鎖する惨事に


14日、アメリカ・オクラホマ州のオクラホマ市を通る高速道路I-40号線で、1台の大型トラックが横転事故を起こした。ケガ人は報告されていないが、荷台の荷物が道路の4車線分にわたって散乱し、半日にわたり閉鎖される事態となった。

上空には、その様子を収める各報道局のヘリコプターが行きかっていたという。

関連記事:トラックが大量の魚を運ぶ最中に横転 道路が粘液で覆われ異様な事態に

■「一体それは何ですか?」


オクラホマ州のニュース番組『KWTB/News 9』では、ヘリコプターからの映像を流しながら、リポーターのジム・ガードナーさんが事故の詳細を伝えた。

「ずいぶん散乱していて片付けが大変そうです」と話すジムさんに、スタジオのキャスターが「いったい何が散らばっているんでしょう。見えますか、ジムさん?」と質問。するとジムさんは言葉に詰まり、黙り込んでしまった。

■箱にはピンク色の男性器


「私の口からは言えないですよ…。あなたが言って」と赤面するジムさんに代わって、カメラが散乱物をズームアップ。道路全面を覆った無数の箱の正体は、ピンク色の男性器や潤滑ジェルだった。

じつは現場の近くに性具関連商品の大規模な物流センターがあり、トラックはそこへ輸送する途中で事故を起こしたという。

■「だから商品がまだ届かないのか」


この横転事故には、テレビ視聴者も大興奮。SNSには「だから私がオーダーした商品がまだ届かないのね」と配送遅延に納得、あるいは苦笑する声が多数上がった。

また、この商品は使われるのか廃棄処分となるのかを議論する人も。「もったいない」という声に対し、実際に物流センターで働いているという人からは「全額保険金が出るので廃棄処分です」といった豆知識が書き込まれた。

さらに、同州内の性具店からも「在庫は十分にあります。ご安心を」との報告が。被害者が出ていない横転事故で、ここまでネットがにぎわうのも珍しい現象だ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ