台風の大分で撮影された「衝撃映像」 運転手が遭遇したのは、氾濫した川からの濁流…

しらべぇ


18日に九州を直撃した台風14号により、各地で冠水や崖崩れなどの被害が相次いだ。以前ツイッター上では、台風が直撃した際に撮影された「衝撃の映像」が話題になっていたのをご存知だろうか。

【話題のツイート】自然の恐怖を感じる…

画像をもっと見る

■道路には濁流が…




「家族撮影のものですが、大分県由布市庄内町阿蘇野から湯布院町湯平の道が氾濫しています。危険ですので通らないでください。もしも阿蘇野へ来る際は長湯回りの道は通れるようですのでそちらを通ってください。通常の道は工事中で常時通行止めです」とコメントを添え、10秒の動画を投稿したのはツイッターユーザーの阿蘇野風景さん。

そこに写されているのは、氾濫した川から流れてきた濁流である。ものすごい勢いで道路に流れ込んでおり、そのまま進むと車であっても流されてしまいそうだ。

この日は、大型で非常に強い台風14号が九州に上陸し、各地で大雨を記録。とくに雨が激しかった宮崎県では、総雨量が1000mmに迫る地域も…。

関連記事:東京駅で突然聞こえた「女性の悲鳴」 その原因を収めた映像にネットは騒然

■ネットでは衝撃を受ける人が続出


阿蘇野風景さんの投稿にネットでは、「こりゃ、さすがに引き返す」「怖すぎる…」「かなり危ないですね」といった具合に、衝撃を受けた人からの声が続出。

他には、「ご無事で。被害が最小限で済みますように」「お気をつけ下さい…」「安全の確保を最優先してくださいね」など、心配するコメントも多く見られた。

■撮影した家族は無事


今回の投稿は、わずか数日で2,000件を超えるリツイートを記録。自然の恐怖を感じる映像は、阿蘇野風景さんの家族が仕事に向かう際に撮影し、LINEで共有された。

映像を見た時の心境については、「驚きすぎて思わず『危なっ!』と返信しました。家族からすぐに引き返しているとの連絡が来たので、無事であることを祈っていました。それと同時に由布院町湯平に住まわれている方々も心配になりました」と話す。

2年前にも同地で豪雨災害があったことから、「少しでも早く住民に情報が届けば…」と考え、ツイッターに投稿したそうだ。その後、阿蘇野風景さんの家族は別の道を通り職場へ向かい、無事に到着したという。

■台風シーズンは続く




台風は過ぎ去ったものの、その爪痕は大きい。動画が撮影された現場近くは岩や流木が転がり、アスファルトは削れている。なんとか通行はできるが、撮影地点よりも下降した道路は濁流に流されてしまったため、通行が困難になってしまったという。

9月後半から10月にかけて、大雨や台風が続く可能性の高い日本列島。23日からの3連休中に台風の上陸が予想されていることから、身の危険を感じる前に安全な場所に避難することを心がけたい。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ