柄本佑監督作品『ippo』公開決定 加瀬亮、柄本時生、高良健吾ら出演の短編集

クランクイン!

 俳優の柄本佑が監督を務める映画『ippo』が、2023年1月7日より全国順次公開されることが決定した。併せて、柄本監督のコメントが解禁された。

俳優としてはもちろん、2021年には『アクターズ・ショート・フィルム』(WOWOW)にも参加し、森山直太朗主演の短編『夜明け』で監督も務めた柄本佑。実はそれ以前からすでに何本もの短編を自主製作で監督してきた。

本作は、そんな柄本佑が2017年から2022年の間に撮った3本の短編をまとめた短編集となる。3本すべての原作となったのは、「東京乾電池」に所属し、ユニット「曖昧なカンパニー」を主宰する劇作家・演出家の加藤一浩の演劇戯曲。本作は加藤と柄本監督のコラボレーションの積み重ねであり、ユーモアと知性に溢れた加藤の戯曲に、柄本佑が「映画」という新たな息吹を与えた短編連作集だ。

そしてこの短編3本すべてが、男ふたりの物語となっている。「ムーンライト下落合」で久々に再会する友人ふたりを演じるのは加瀬亮と宇野祥平。「約束」の兄弟に渋川清彦と柄本時生、「フランスにいる」の画家とそのモデルに加藤一浩と高良健吾が扮している。

全編の撮影を担当したのは、柄本佑が主演を務めた『きみの鳥はうたえる』(2018)の四宮秀俊。さらに映画監督の三宅唱や俳優・映画監督の森岡龍らが助監督として参加している。

柄本佑は、「映画が好きで、小学校の卒業文集に将来の夢“映画監督”と書きました。文中にはフェリーニの『道』が世界一面白い映画だと書き、文末には“誰もが感動して泣ける映画が撮りたいです”と、なんともアホな事を明言してました」と明かす。そして「そんな彼が映画を撮りました。タイトルは『ippo』といいます。この映画を実現に導いて下さった関係者の方々に本当に感謝です。そしてまだまだ撮りたいものが沢山あるので関わったからにはもう逃がしませんよ、とだけお伝えしておきます。では『誰もが感動して泣ける映画』をどうぞ」とコメントを寄せている。

柄本監督が一緒に映画を作りたい人々に声をかけ、小さなチームで丁寧に撮りあげた3本の短編。真面目で不思議、ユーモラスでセンチメンタル、そしてときに楽しくも不条理なその世界に期待したい。

映画『ippo』は2023年1月7日より全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。