萩原利久の確かな存在感、監督も「とても勘の良い俳優さん」「超好青年」と賛辞贈る

dwango.jp news


この世界の片隅に』の製作スタッフが贈るこの秋最高の感動超大作、のん×門脇麦×大島優子天間荘の三姉妹』。今回、躍進を続ける若手注目俳優、萩原利久にフォーカスする。

現在ハリウッドを拠点に活躍する、『あずみ』『ルパン三世』、そしてジャン・レノ主演『ドアマン』の北村龍平監督が、その作風と世界観で熱狂的なフォロワーを持つ髙橋ツトムの代表作『スカイハイ』のスピンオフ作品『天間荘の三姉妹』を映画化。いのち、ひとの生と死、家族や近しい人たちとのつながり、など誰にとっても他人事ではないテーマを、観る者の心に問いかけながら見つめていく映画『天間荘の三姉妹』が10月28日(金)に公開される。

このたび、水族館に務めるイルカトレーナー・早乙女海斗役を演じる、注目の若手実力派俳優、萩原利久にフォーカス。



現在放送中の日本テレビ系日曜ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』の明智光秀役で活躍中の萩原利久。2008年にデビューを果たし、2012年に放送されたドラマ『運命の人』で菅田将暉の弟役を演じたことが大きな転機となり、俳優として本格的に活動をすることに。主な出演作は、映画では『牛首村』(22)、『花束みたいな恋をした』(21)、『十二人の死にたい子どもたち』(19)、『あゝ、荒野 前篇 /後篇』(17)、『帝一の國』(17))など。

ドラマでは、YTV・NTV『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』(22)、MBS『美しい彼』(21)、NHK 連続テレビ小説エール』(20)、NTV『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』(19)、など、さまざまな作品に出演。その中でもMBS『美しい彼』は、優秀番組に贈られる第59回ギャラクシー賞のマイベストTV賞 第16回グランプリを受賞。Netflix で配信された本作は、アジアを中心とする海外でも注目を集め、映画化も決定。若手実力派俳優として今後益々の活躍が期待される。

本作では、舞台である三ツ瀬の街の水族館に務めるイルカトレーナー・早乙女海斗役を熱演。大切な家族を失うという辛い経験を乗り越え、幼い頃に自分のことを可愛がってくれた、主人公・たまえ(のん)の姉でありイルカトレーナーの先輩でもある、かなえ(門脇麦)との思い出を胸に精一杯生きる姿を、爽やかにたくましく演じる。

萩原のキャスティングについて、本作のプロデューサー・和田大輔は「幼少期に辛い経験をした海斗が、このように心優しく真っ直ぐに育っていてくれたらいいなという願いとイメージが萩原さんにぴったりだったためオファーしました。」とコメント。監督の北村龍平は、そんな萩原さんに対し「出番は少ないながらもとても重要な役柄を、実に繊細に演じてくれました。とても勘の良い俳優さんだなという印象です。本人もとても謙虚で素直で礼儀正しい、今時の若者には珍しいほどの超好青年でした。」と本作での演技だけでなく、本人の人柄についても惜しみない賛辞を贈っている。その繊細な演技と確かな存在感で、観客を魅了する萩原に注目だ。

【ストーリー】

天界と地上の間にある街、三ツ瀬。美しい海を見下ろす山の上に、老舗旅館「天間荘」がある。切り盛りするのは若女将の天間のぞみ(大島優子)だ。のぞみの妹・かなえ(門脇麦)はイルカのトレーナー。ふたりの母親にして大女将の恵子(寺島しのぶ)は逃げた父親をいまだに恨んでいる。ある日、小川たまえ(のん)という少女が謎の女性・イズコ(柴咲コウ)に連れられて天間荘にやってきた。たまえはのぞみとかなえの腹違い妹で、現世では天涯孤独の身。交通事故にあい、臨死状態に陥ったのだった。イズコはたまえに言う。「天間荘で魂の疲れを癒して、肉体に戻るか、そのまま天界へ旅立つのか決めたらいいわ」。しかし、たまえは天間荘に客として泊まるのではなく、働かせてほしいと申し出る。そもそも三ツ瀬とは何なのか?天間荘の真の役割とは?たまえにも「決断の時」が刻々と近づいていた。

■『天間荘の三姉妹』

10月28日(金)全国公開

のん 門脇麦/大島優子
高良健吾 山谷花純 萩原利久
平山浩行 柳葉敏郎 中村雅俊(友情出演)/三田佳子(特別出演)
永瀬正敏(友情出演) 寺島しのぶ 柴咲コウ

配給:東映

(C)2022 髙橋ツトム/集英社/天間荘製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ