TVアニメ「まんが日本昔ばなし」の話をもとにした舞台を上演 小出恵介、中村ゆりか、仲本工事ら出演

SPICE



2022年11月17日(木)~11月27日(日)東京芸術劇場 シアターウエスト(小ホール2)にて、舞台『日本昔ばなし』貧乏神と福の神~つるの恩返し~が上演されることが決定した。

1975年にテレビ放送され50年近くにわたり日本中の国民に愛され続けてきた「まんが日本昔ばなし」。童話作家の川内彩友美氏が企画し、今なお、子供から大人まで、幅広い年代にわたり愛され続けている。これらの作品のほとんどは、昔から日本に伝わる素敵な話ばかりで、未来に伝承していかなくてはならないものばかり。

今回、これらの代表的な物語である「貧乏神と福の神」、「つるの恩返し」のエッセンスを題材とした物語を初めて舞台化し、コロナ禍に生き抜く人たちにエールと、未来に生きる子供たちへのメッセージとして、より身近に、より深く物語に寄り添っていただける作品を作り上げていくそうだ。

物語の中核を担う主人公に、小出恵介。そして、中村ゆりか大倉空人丹羽貞仁黒田こらん彦摩呂仲本工事といったの多才な俳優陣が出演、物語に彩を加える。
小出恵介
小出恵介
中村ゆりか
中村ゆりか
大倉空人
大倉空人
丹羽貞仁
丹羽貞仁
黒田こらん
黒田こらん
彦摩呂
彦摩呂
仲本工事
仲本工事
【あらすじ】
むかし、むかし、ある村での出来事。夫を亡くしこの村に住む“はる”が、息子を背負って町から帰る道すがら、夫婦鶴が幸せそうに愛の告白をするとこに出くわします。その時、大きな銃声が響き、夫婦鶴に命中。鶴は、崖から落ちていきました。鶴の行方が気がかりになった“はる”は、崖を降り、鶴を探します。しかし、そこにいたのは、瀕死の状態となった鶴の精霊である“夕鶴”とその赤子。 “夕鶴”は“はる”に、赤子を託すことを懇願し、崖から飛び立つものの、命を落としてしまいます。そこへ、狩りをしていた、村の長“徳右衛門”らがやってきて、赤子の親を間違って、撃って殺してしまったと勘違い。赤子を引き取り、育てることになるのだが……。


小出恵介 コメント


日本昔ばなしは僕が子供の頃、まるで家庭の一部であったかのようなアニメ番組で、
ブラウン管を通し、常に眺めながら時にはむしろ見守られていたような、
そんなとても暖かくて柔らかな思い出の一部であったと今回のお話を伺った時に思いました。
登場するたくさんのなんとも愛らしい名前のキャラクターとともに、
この作品が、TVアニメ「まんが日本昔ばなし」に慣れ親しんだ世代にも、番組を知らない世代にも、温かく他者への思いやりに満ちていた昔話の世界に誘えますよう、頑張りたいと思います!

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ