秋の行楽にもピッタリ ダイソーの弁当グッズで『ひよこ』が作れるってホント?

grape

運動会や行楽など、何かと行事が多い秋は、弁当を作る機会が増える人も多いのではないでしょうか。

「便利な弁当グッズはないかな」と探していたら、100円ショップ『ダイソー』で目をひく商品を発見しました。

「何これかわいい!」と思わず手に取ってしまったのは、愛らしいヒヨコおにぎりがこちらを見つめるパッケージの『デコふわっと』。

すぐさま購入し、ヒヨコおにぎりを作ってみたのでレポートします。

かわいいヒヨコおにぎりが作れる!削りかまぼこ『デコふわっと』

ふわふわで華やかな『デコふわっと』の正体は、なんと『削りかまぼこ』でした。

『宇部かま』の愛称でも知られる老舗のかまぼこメーカー『宇部蒲鉾株式会社』が手がけた商品で、かまぼこを薄くスライスしたものとのこと。

早速、パッケージの写真を見ながら、ヒヨコおにぎりを作ってみました。

今回は少しサイズ感を変えたり、アレンジを加えたりしてみたかったため、パッケージ写真に使われているおにぎりとは、材料と作り方がやや異なります。

材料(小さめのヒヨコおにぎり2個分):
・『デコふわっと』 1/2~2/3袋
・ごはん 80g
・コーン 4粒(くちばしのパーツ)
・海苔 目の形に切ったもの4つ(目のパーツ)
・スライスチーズ 小さく丸く切ったもの4つ(頬のパーツ)
・ケチャップ・練り梅 少々(頬の着色用)

作り方:
1.ごはんを丸めておにぎりを2個作る。

2.『デコふわっと』を小皿に広げて、おにぎりを転がし、まんべんなくまぶす。

3.2のおにぎりにコーンを差し込み、くちばしを作る。

4.海苔とスライスチーズを付けて、目と頬を作る。

5.箸の先などに少量のケチャップを付け、頬のスライスチーズに塗って色付けする。

小皿に広げた『デコふわっと』は、おにぎりを転がすだけで簡単にふわっと付きます。

くちばしのコーンは取れやすいので、思い切ってグイッと差し込みましょう。

目と頬のパーツである海苔とスライスチーズは、少し押さえるだけで、意外としっかり貼り付きました。

弁当に入れる場合は、『デコふわっと』をまぶしたら弁当箱に詰め、最後に顔を完成させるとよさそうです。

そうすると、おにぎりが転がってパーツがずれてしまう事態を防げます。

写真の奥のヒヨコは、頬のケチャップを練り梅で代用し、目の海苔は笑った形に切ってみました。

工夫次第でヒヨコの表情が変わり、バリエーションを楽しめそうです。

かけるだけでも華やか!そしておいしい!

「弁当をデコる時間がない」という場合は、ご飯にかけるだけでも華やかになりますよ。

そして何より、おいしいという点もおすすめポイント。ほどよい塩味とカマボコならではの魚介の旨味が、ご飯にぴったりです。

ちょっと頑張りたい時のデコ弁にも、普段の何気ない弁当にも、華やかさとおいしさを手軽に加えられる『デコふわっと』。ぜひ使ってみてくださいね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。