那須ほほみ、“あざとかわいい博多弁”でブレイク “あざとい”と言われることは「不思議な感覚」

クランクイン!

 自粛期間中に自身のTikTokに投稿した、あざとかわいい博多弁で話す「#寝る前に一言」シリーズが爆発的にバズり、SNSの総フォロワー数が220万を超えるなど、今注目の那須ほほみ。モデル、タレントとして活躍するほか、女優業にも進出した彼女が、夢だったというスタイルブック『ほほみぶっく。』を出版、早くも重版がかかるなど話題を集めている。そんな那須に今年1月の本格デビューからこれまでの活動を振り返ってもらった。

■夢だったスタイルブック 地元・福岡での撮影は不思議な感覚



2001年福岡生まれ、その“天使すぎるビジュアル”がZ世代を中心に圧倒的支持を集める那須。『めざましテレビ』(フジテレビ系)の“イマドキガール”就任や、『レジーナクリニック』のCMでの眞栄田郷敦との共演、そして数々の地上波バラエティへと進出し、さらにはドラマ『ばかやろうのキス』(日本テレビ)、10月からは『差出人は、誰ですか?』(TBS)出演と快進撃が続いている。

そんな那須の初めてのスタイルブック『ほほみぶっく。』は、“圧倒的にかわいい最強ビジュアル”が存分に堪能できる写真はもちろん、彼女自身のヒストリーを語るロングインタビューなど知られざるパーソナルな部分まで、SNSでは見られない彼女の魅力に迫る内容となっている。

――初めてのスタイルブック出版おめでとうございます。最初に企画のお話を聞かれた時の心境はいかがでしたか?



那須:夢が叶った!!と思いましたし、私でも本が出せるんだ!とびっくりしました。出来上がった本はすぐお母さんに渡して、“変な感じだね~”って言いながら2人でソワソワしながら読んでました(笑)。

――制作は順調に進みましたか?



那須:こういうのにしたいというイメージはあったんですけど、撮影の途中では何回も、これで大丈夫なのかなって思ったこともありました。でも、ちょっとずれていた部分を何回も何回も話し合いを重ねて、周りのスタッフさんがだんだんイメージに沿うようにしてくださいました。結果、皆さんのおかげでとてもすてきな1冊にすることができました! 私はこれまで過去のことをあんまり話すことはなかったんですけど、この機会に振り返ることができて、素の私が全部入ってると思ってます。

――今回のスタイルブックで一番こだわったところはどこでしょう?



那須:地元・福岡での撮影です! 「福岡で撮影できたらな~」と思っていたら、本当に叶って。福岡の街を巡る撮影では、いっぱい思い出があっていつも過ごしていた場所を、カメラマンさん、スタイリストさん、ヘアメイクさんにエピソードとしてお話している自分に“変だな~”って不思議な感覚でした(笑)。福岡のバスや室見川で撮った写真もお気に入りで、キャナルシティで撮影ができたのもうれしかったです。

今回は4人のカメラマンさんに撮影していただいたんですけど、こんな一面、普段は絶対見せないので不思議だなと思う写真もあったり。写真の撮り方やセレクトなど勉強になったことが多かったです。

いろんな私の表情が見られるので、すてきなスタイルブックになったなと思います。見どころは正直“全部!”ですね(笑)。

――発売を記念して、お渡し会も開催されました。ファンの方と直接触れ合う機会は…



那須:初めてです。ただ私がいるだけで泣いてくれたり、「いつも支えになってて、ほんとにつらいことがあったけど、頑張れます」とか言ってくださって…。普段のSNSを通してのやりとりとは全然違いました。1人1人顔を見て話せたのが初めてだったので、気持ちがとっても伝わりました。皆さんがいるからこそ、私があるんだなと思って、悪かったところをバネにして、みんなに応援してもらえるような人、みんなに笑顔を届けられるような人になりたいと改めて思いました。

■あざとかわいい博多弁でのブレイクは「お母さんの一言」がきっかけ



――那須さんは、今年1月から事務所に所属されて、『めざまし』、CM、女優と大活躍ですが、ここまでの期間を振り返ってみるといかがですか?



那須:あっという間すぎますね。ずっと走ってる感じで。でもまだ全速力にはなれていないので、これからもっと頑張っていきたいなって思っています。

――戸惑うことなどはありませんか?



那須:たくさんあります。写真とかでも、着やせして写るときもあれば、着太りして写ることもあったり、撮ってみないと分からないので、日々勉強しています。自分の見せ方などがまだ上手にはできていないので、もっと上手になっていきたいなと思ってます。

――TikTokを始めたきっかけは何だったのですか?



那須:本にも書かせていただいたのですが、TikTokが一番有名になるのが早いかなと感じたからです。楽しいけどやりたいことができない人生を歩むのかな~と思った時に、女優さんやモデルさんへの憧れが芽生えてきてTikTokを始めました。

私、今まで夢や、何をやりたい何をしたいとかを語ることが苦手だったんですよ。TikTokを始めたくらいから、自分でやりたいことをちゃんと口にしないと、周りには伝わらないんだと思って、そこから変わりました。今は、マネージャーさんとやりたいことや思ってることなど話し合いを重ねて、お仕事に励んでいます。

――「#寝る前に一言」シリーズはどんなきっかけで誕生したんですか?



那須:お母さんの一言なんです。「電気消してから寝るとよ」って言ったのをそのままマネしてみました(笑)。最初は「博多弁で告白してみて~」みたいなことを(フォロワーから)言われていたのですが、私は“素直人間”なので、「告白かぁ~。好きな人にはいいけどな~」って思って。それを無視して勝手に「寝る前に一言」ってやったら、多くの方に見てもらうことができました(笑)。

――そうだったんですね(笑)。それがきっかけで、“あざとかわいい博多弁”が大人気に。



那須:私、テンション上がると、早口の博多弁になって、何言ってるか分からないって言われちゃうんです。ファンの方と話していても、「何言ってるの?」って言われて、「標準語でどうやって言うんだろ?」って…。それをあざといって言われるのは、「どうしたらいいんだ!」ってなっちゃうこともありました(笑)。

――“あざとかわいい”と言われるのはあまりうれしくない感じですか?



那須:最初はうれしくなかったんですが、今は何も思わないです(笑)。特に自分で“博多弁かわいい”とか思ったりしていないので、“あざとい”って言われるのは不思議な感覚ですね。

――最近は、演技のお仕事も続いていますが、今後はどんな那須さんを見せてくれそうでしょうか?



那須:ドラマのお仕事は、朝から晩まで撮影があってハードな時もありましたが、楽しかったです。私はまだまだ未熟者なので、周りの方からいろんなものを吸収して頑張っていこうと思います。毎日が勉強です。

あとは、素直なままでいたいなって思います。人生限られているから、やりたいことや楽しいことをやっていきたいです。自分でこっちが楽しいと思うほう、心躍るほうに進んで行きたいなって思っています。

(取材・文:編集部 写真:高野広美)

那須ほほみスタイルブック『ほほみぶっく。』はSDPより発売中。価格は1870円(税込)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ