言われたことあるなら本命です。男性が「本気で好きな女性」に言うセリフ

beauty news tokyo


交際中の男性の態度を見るたびに「本当にこの人は私のこと好きなの?」と不安に感じることってありませんか? でも、「好き」と言われる訳でもないし、何か特別扱いもされている訳でもなくても、男性のセリフから本命かどうかを確かめることができます。

「嬉しい」


実は、「愛してる」「好きだよ」というダイレクトな愛情表現は、本命より浮気相手に言うことが多い男性は少なくありません。「なぜ?」と思うかもしれませんが、浮気相手とは関係を繋ぎとめるために安易に出すもの。逆に、本命の女性には、「嬉しい」「楽しい」など喜びのセリフを言うことが多いでしょう。

「次も一緒に」


男性は本命の女性に対して未来の話をします。例えば、デート帰りに「また来月も一緒に行こうね!」など未来の約束をすることが多いです。逆に、遊び相手には「今日は楽しかったね~」と感想は言っても、「また行こう」と約束はしません。本命の女性とは先を見据えてて、浮気相手とはその場限りと無意識に区別しています。

「貯金はこれくらいだよ」


本命の女性と結婚を意識している場合、自分の金銭事情をやんわり伝える男性が多いです。例えば、年収だけではなく貯金残高も伝えたり、奨学金がある場合は返済時期も明確に言ったりなど。男性はよっぽど信頼していないと、自分のお金について自ら話すことはありません。

「これ好きだよね!」


本命の女性の好みや行動を熟知している男性は、女性が好む服やインテリアを見つけるとつい「これ好きだよね!」と聞いてきます。そして、女性が「好きだよ」と答えると、誇らしげな表情を見せるでしょう。本気で好きだからこそ、彼女のことを深くまで知っていることをアピールしてくるのです。

言葉で直接的な愛情表現がなくても「本気であなたが好き」という気持ちがやんわりと伝わってくるセリフの数々。ぜひ頭に入れておいてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。