宇多田ヒカル、Spotify「Go Stream」パフォーマンスビデオとして縦型映像作品を公開!

UtaTen

宇多田ヒカルSpotify 「GO Stream」「Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺りー -LIVE at Sea Paradise」告知画像

Spotify 「Go Stream」パフォーマンスビデオに縦型映像作品を公開!


2022年7月“CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai”キャンペーンソングとして話題を呼んだ 宇多田ヒカルの最新アルバム「BADモード」に収録の「Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺りー」。

その興奮も冷めやらぬなか、同曲がSpotifyが展開しているビデオシングルシリーズ「Go Stream」パフォーマンスビデオとして、新たな映像が公開されました。



「Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺りー -LIVE at Sea Paradise」と題された本ビデオは、先の“CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai”キャンペーンビデオと同じく児玉裕一氏が監督を務め、

監督からのコンセプト『全フロアOcean Viewのクラブ "SEA PARADISE"で繰り広げられる宇多田ヒカルのスペシャルライブパフォーマンス。やがて音に引き寄せられた謎の未確認生物 "Floating Points” が現れ . . . 。』のとおり、不思議な空間の中で宇多田ヒカルのパフォーマンスが繰り広げられます。

撮影は2022年の7月に横浜・八景島シーパラダイスで行われました。

横浜・八景島シーパラダイスのはからいで、夜の水族館を見学させてもらうなど、終始和やかなムードで撮影は進行。

縦型のフル映像作品は宇多田ヒカルとしては初の試みとなります。

撮影を終えて児玉監督は『「こんなクラブが本当にあったらいいのに!」と思わせるような空間に音楽が満たされていく中を、スイスイと泳ぐように移動していく宇多田さんの姿が印象的でした。彼女がまるで魚たちをコントロールしているかのようなシンクロニシティが度々起こっていたので、おそらくそういう能力もお持ちなのだと思います。※魚たちに直接ライトをあてないように細心の注意を払いながら撮影しました。』とコメント。

是非Spotifyを通じ、本パフォーマンスビデオをお楽しみください。

宇多田ヒカル「Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺りー -LIVE at Sea Paradise」「Go Stream」
パフォーマンスビデオ

▲宇多田ヒカル「Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺りー -LIVE at Sea Paradise」ティザー映像(60S)

監督プロフィール


児玉裕一 / vivision

CMやMVなどの映像作品の企画/演出から、ライブの演出まで幅広く従事。

カンヌ国際広告祭チタニウム部門、Clio Awards、One Showでグランプリを受賞。ほか受賞多数。

2015年よりロンドンのクリエイティブエージェンシー「CANADA LONDON」にも所属。

MV「2時間だけのバカンス」「浪漫と算盤」など。

Go Stream ビデオシングルシリーズについて


Go Streamは、人気楽曲の撮り下ろしパフォーマンス映像をSpotifyだけで楽しめる日本で初めてのビデオシングルシリーズとして、7月20日に第1弾(ずっと真夜中でいいのに。、Vaundy)が登場。

リスナーの好みや聴取行動を反映した音楽体験の提供を通じて、アーティストとリスナーの新たな出会いやつながりを生み出してきたオーディオストリーミングサービスSpotifyが、2016年秋の国内サービス開始以来、新たな音楽の可能性に共に挑戦してきたアーティストたちとのコラボレーションによって制作しています。

9月16日には第2弾として、宇多田ヒカル、星野源、Mrs. GREEN APPLEの3アーティストの作品が公開になり、計5組のスペシャルパフォーマンス映像がSpotify上にてお楽しみいただけます。

Spotify Go Stream プレイリスト

当記事はUtaTenの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ