ミュージカル『愛の不時着』国内上演権をフジテレビが獲得、近い将来日本語版上演を目指す

dwango.jp news


フジテレビジョンが、2022年9月16日(金)から韓国で上演されるミュージカル『愛の不時着』の日本国内における独占上演権を取得したことが本日発表された。



『愛の不時着』は、2019年12月から韓国で放送され2020年2月の最終話では、平均21.7%、最高24.1%の視聴率を達成し、韓国のケーブルテレビ史上歴代3位の快挙となったドラマ。その後、Netflixで世界190ヶ国へ配信、日本では2020年から配信され2年以上たった今でも「人気シリーズトップ10」に入るなど、今なお人気を博している作品だ。

また、ドラマで愛が芽生えるヒョンビンソン・イェジンは実生活で恋人関係となり今年結婚、“リアルラブ”として話題になった。

そして、9月16日(金)から世界初演として韓国・COEXShinhanCardアーティウムにて開幕。フジテレビジョンは、韓国でのミュージカル『愛の不時着』を制作している、T2NmediaとA2ZENTERTAIMENTと、日本での上演についての協業契約を締結。日本国内での独占的上演権を取得した。近い将来、日本への招聘公演及び日本語版上演を目指す。




あらすじ

韓国の財閥令嬢ユン・セリは、ある日突風によるパラグライダーのアクシデントによって北朝鮮に不時着してしまう。木に引っ掛かって動けないユン・セリは、北朝鮮の特級将校のリ・ジョンヒョクに発見される。韓国へ帰る方法を模索する間、身分を隠してリ・ジョンヒョクの家で暮らすことになるユン・セリ。彼女をかくまい、守るうちにリ・ジョンヒョクとユン・セリの間には、だんだんと愛が芽生える。

はたしてユン・セリは、韓国へ戻ることができるのか?そして、決して結ばれない運命の二人の行方は・・・。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。