【10/2新作放送】ガンダムの劇場版で最高傑作といえば? 3位機動戦士ガンダムII 哀・戦士編、2位機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編、1位は?

gooランキング

1979年にテレビアニメ第1作『機動戦士ガンダム』が放送され、2022年10月2日からは新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(TBS系)の放送が予定されているガンダムシリーズ。劇場版アニメもこれまで40作品近くが公開されてきました。
そこで今回は、歴代の劇場版ガンダム作品の中で最高傑作はどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 機動戦士ガンダムI
3位 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編
2位 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『機動戦士ガンダムI』!
『機動戦士ガンダムI』
『機動戦士ガンダム』の劇場用3部作第1弾で、テレビ版の第1話~第13話を再編集した内容。ランバ・ラルが新たな刺客として地球に送り込まれるまでが描かれている。いくつかのエピソードをカットしたり、一部の順序を入れ替えたりしているが、第2部、第3部に比べるとテレビ版を忠実に再現していて変更箇所は多くない。

公開年:1981年

同率3位は『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』!
『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』
『機動戦士ガンダム』の劇場用3部作第2弾で、テレビ版の第16話~第31話前半までを再編集した内容。話数順序の入れ替えや、エピソードが丸ごとカットされたり、新たにシーンが追加されたりした。ヒロインのセイラを中心に作画修正も施され、セイラの美しさがより強調された。

公開年:1981年

2位は『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』!
『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』
『機動戦士ガンダム』の劇場用3部作第3弾で、テレビ版第31話の後半~最終話までを再編集した内容。登場するモビルスーツが変更になったり、テレビ版になかったシーンや新キャラクターが追加されたりするなど、構成も演出も異なるため、新作に近い。

公開年:1982年

1位は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』!
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』から14年後の宇宙世紀0093年の世界を描いた作品。ジオン公国軍のエースパイロットだったシャア・アズナブルは、新生ネオ・ジオン軍を総帥として率い、アムロ・レイらが所属する地球連邦軍に再び戦いを挑んだ。地球の命運をかけて、ニュータイプである2人の最後の戦いが描かれた。

公開年:1988年

テレビシリーズ第1作のその後を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が見事1位に選ばれた今回のランキング。気になる5位~37位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最高傑作だと思う歴代のガンダム劇場版作品は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:366票
調査期間:2022年8月15日~2022年8月29日

当記事はgooランキングの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ