“地下芸人の帝王”虹の黄昏が心霊ツアーに体当たり潜入

Entame Plex



新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は22日、ABEMA SPECIALチャンネルにて、お笑いコンビ・かまいたちがMCを務めるレギュラー番組『ぜにいたち』を放送した。

本放送回では、タクシー会社が夏限定で開催している「心霊スポットツアー」に、“地下芸人の帝王”の異名を持つお笑いコンビ・虹の黄昏が参加し、心霊ツアーに体当たり潜入した。

虹の黄昏のかまぼこ体育館は「お化け全員笑わせたりますわ!」と、コンビの代名詞となるハイテンション芸を心霊スポットでも披露することを堂々宣言。しかし、目的地が“本当に出る”場所と知らされると、「とり憑かれない…?」と怯えて本心を告白した。

虹の黄昏の意外な一面を見た濱家隆一は「振り切ってやってほしいな」と虹の黄昏の様子を見守った。最初に、「おばあさんの霊が事故で亡くした孫を探している」と噂のあるトンネルに到着すると、虹の黄昏は静かなトンネルにそぐわないハイテンションネタを連発。あまりの“ぶっ飛び”芸に、山内健司は「俺が霊ならめちゃくちゃ腹立つ」と怪訝な顔でツッコミを入れた。にぎやかな空気を切り裂くように、ツアーに同行した霊能者の雪下氷姫は「男の人2人が歩いてくる」と突然の霊視。

一転して緊張が走るも、雪下さんは「物珍しいんでしょうね。ギャグを面白がってる」と霊が高評価していることを告げると、かまいたちは「ちゃんと喜んでんねや」と思わず感心の声をあげた。

次に、女性の霊が目撃されている人工湖にかかる橋を訪れると、雪下は「橋の下で霊が手を出しているから、下を見ないで」と忠告し、再び張りつめた空気が流れる。そこで心霊をとらえるために写真撮影すると、野沢ダイブ禁止の左手に“紫の光”のようなものが…。野沢は「初めて霊とセッションしたかもしれない」と大興奮するも、山内は「ちょっとわかりにくいな…。恐ろしいほど何も起きない」と困惑。濱家も「無理矢理、写ったものを“顔”ってことにしていた」とツッコミを入れていた。

(C)AbemaTV,Inc.

当記事はEntame Plexの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ