「憧れの社内恋愛!!」のはずが破綻し会社も億劫に…→「世界は広い」友人から喝を入れられ目が覚め、新しい恋へ♡<失恋から立ち直ったきっかけ>

lamire


過去の恋愛から学べることは多くあるでしょう。 今回は、過去の恋愛を乗り越え、学んだことや気づいたことについてエピソードを募集しました。 もしかしたら、今、恋愛で悩んでいる方の心が軽くなるようなエピソードもあるかもしれません。

世界は広いことに気づかされて

同じ会社・同じ部署で席が隣であることから仲良くなり、好きになり、お付き合いをした方がいました。憧れの社内恋愛をしていましたが、その方が転職をしたことをきっかけにお別れに…。毎日同じ場所で同じ目的に向かって働いており、公私ともにかなり入り込んでいたため、毎日会社に行くのも楽しくなくなり億劫になってしまいました。そこで友達にその心境を相談すると「あの人だけが男な訳とちゃうやろ。世界は広い」と喝を入れられて目が覚めました。ある一定のコミュニティで生活していると、そこだけが自分の世界のように思えてしまいどうしても視野が狭くなっていたのです。その喝を入れてくれた友達が、私を何度もイベントや合コンに誘ってくれたおかげで新しい恋もすることができました。「持つべきものは友」というのはまさにこのことだなと実感しました!(女性/会社員)

前向きに居続けることで

19歳の時に、3年半付き合った彼氏と別れました。私から一目惚れして付き合った大好きな彼氏だったので、1年ほど引きずりました。立ち直ろうとしてもふとした瞬間に思い出して涙が出てしまうことも…。暇な時間や一人でいるとどうしても考えてしまうので、友達といろんなところへでかけたりして、考える時間を作らないようにしていると自然と心が癒されて前向きになれるようになりました。当事者になると、気持ちの問題なのでなかなか簡単に行かないと思いますが、絶対に時間が解決してくれます!過ぎたことをずっと考えているより、これからの楽しいことを考えたほうが時間も有効に使えます。(女性/会社員)

辛い失恋だったとしても、周りの友人の力も借りつつ前向きにいることが解決につながることもあるようですね。
失恋して悩んでいるという方は、新たな一歩を踏み出せる勇気に繋がれば幸いです。

※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています

当記事はlamireの提供記事です。