樋口了一が主演を務める映画『いまダンスをするのは誰だ?』主題歌が配信にてリリース!

Rooftop

©2022いまダンフィルムパートナーズ

人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』のテーマソング「1/6の夢旅人2002」や、『第51回 日本レコード大賞』優秀作品賞(2009年)を受賞した「手紙~親愛なる子供たちへ~」で知られるシンガーソングライター・樋口了一が、初の主演を務める映画『いまダンスをするのは誰だ?』(古新 舜監督・来夏公開予定)と同名タイトルとなる映画主題歌「いまダンスをするのは誰だ?」が、9月7日にデジタルシングルとして配信リリースされた。

樋口映画写真②.jpg

樋口映画写真③.jpg

現在撮影中の映画『いまダンスをするのは誰だ?』は、仕事一筋で家庭を顧みなかった主人公がある日、若年性パーキンソン病と診断されたことで出会った人たちや、「ダンス」を通じて自らの生き方を見つめ直していくストーリーで、自身も難病のパーキンソン病と闘いながら音楽活動を行なう樋口了一が役者初挑戦で主演を務めることで注目を集めている。

来夏の映画公開に先駆けデジタルシングルとしてリリースされた新曲「いまダンスをするのは誰だ?」について樋口は、「映画の脚本も手掛けた古新(こにい)監督の書かれた歌詞を読んだ瞬間、疾走する思いのようなものが心に飛んできました。この全編に溢れる疾走感を主軸に曲を作りました。歌詞の随所に、聴く者に突きつけられる鋭い切っ先のような言葉が散りばめられていて、病に敢然と立ち向かう決心をするまでの主人公の迷いや葛藤、そこから前向きな気持ちを手に入れていくまでが描かれている曲になったと思います」とコメント。

樋口了一ソロアー写.jpg

また、まもなくクランクアップを迎える映画については、「私が役者をやる? しかも主演で? と、驚かれた方もいらっしゃると思いますが、僕自身が一番驚いています。この新鮮な驚きをパワーに変えて映画という新しい表現の場で、皆さんに『1/6の夢旅人2002』のような“どんな状況でも笑っていられるタフネス”が伝えられればと懸命に取り組んでいます。映画は来年夏の公開ですが、是非9月7日から配信されるこの新曲を聞いて映画の世界観をイメージしてみてください」とファンへのメッセージを送った。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ