『原神』パクリゲーが中国でも問題に…新作RPG『幻塔』パクリ問題が予想以上に深刻

まいじつ

『原神』パクリゲーが中国でも問題に…新作RPG『幻塔』パクリ問題が予想以上に深刻

『原神』パクリゲーが中国でも問題に…新作RPG『幻塔』パクリ問題が予想以上に深刻 (C)PIXTA

『原神』からのモーション流用などが指摘されている、中国産新作オープンワールドRPG『Tower of Fantasy(幻塔)』。「原神」自体が既存タイトルのオマージュを指摘されていたため、“パクリのパクリ”とも言われているが、他にもさまざまな疑惑が浮上している。

ディズニー映画からも盗用!?


「幻塔」は『Hotta Studio』が開発した、近未来が舞台のオープンワールドRPG。アニメ調の美麗な3DCGや自由度の高いキャラメイクなどが注目され、日本国内でも着実にユーザーを増やしている。

そんな同作は、さまざまな作品からインスピレーションを受けている模様。たとえばメリルというキャラクターのムービーは、『アナと雪の女王2』のワンシーンと酷似していると言われていた。

またシロというキャラクターのPVは、コマ割りのような演出が『スパイダーマン:スパイダーバース』の模様だと話題に。どちらも大作映画である上、独特な演出なので、“たまたまではない”と考える人が多いようだ。

実際に「幻塔」は、昨年公開したPVが、日本の映像制作チーム『Hurray!』のコンセプトムービーを盗用したとして大問題になっていた。この件については「Hurray!」の代表者がツイッター上で《中国の大手のゲーム会社から盗作にあっていますという連絡を受けています》と言及し、「幻塔」公式がPVの削除・謝罪を行うまでに至っている。

中国ユーザーに見捨てられた『幻塔』


今さらと言えば今さらな「幻塔」の盗用問題が大ごとになっているのは、理由がある。ざっくり言えば、同ゲームは中国でも嫌われてしまったからだ。

そのきっかけと言われているのが、「原神」を作った『miHoYo』によるアクションゲーム『崩壊3rd』からの盗用騒動。「幻塔」のPVに、「崩壊3rd」のゲーム内アイテム『3rd聖遺物』とそっくりな剣が登場しており、中国国内で大バッシングを受けた。

「崩壊3rd」「原神」と中国でも圧倒的な人気を誇る「miHoYo」のゲームを盗用したことは、中国産新作ゲームとしてかなりの痛手だった模様。「原神」ファンを敵に回した結果なのか、中国国内では昨年12月にサービス開始したものの、売上は伸び悩んでいるようだ。具体的には日本国内でしか需要がないような、あの『ヘブンバーンズレッド』以下…というデータも。

こうして「幻塔」の敵になった一部の中国ユーザーが、次々と盗用箇所を指摘しているという構図。他にも『ボーダーランズ3』や『レインボーシックス シージ』、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』といった作品からの盗用疑惑が浮上しており、日本のネット上でも《パクリ多すぎ》《さすがにやりすぎ》といった呆れ声が上がっている。

ゲーム界隈ではどんなことも“面白ければいい”と見逃される風潮があるが、ここまでくるとそのレベルを超えているかもしれない。日本のユーザーに見放される前に、何か対策を打つべきではないだろうか。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ