既婚者男性から「面倒だな…」と思われる不倫女性の特徴って?

みのり

既婚者男性から「面倒だな…」と思われる不倫女性の特徴って?



「最近、会ってくれない…」と感じた経験はありませんか?実は、不倫女性の些細な行動や言動の積み重ねによって、既婚者男性の方から距離を取ろうとしてくることも珍しくないのです。
そこで今回は、不倫中に面倒だと思われる原因についてご紹介します。

ことあるごとに「不倫をバラす」と脅してくる


ちょっとしたケンカになってしまった際、「不倫してる事を奥さんや周囲ににバラすよ!」といった言葉を投げたりしていませんか?こういった言葉は既婚者男性にとって、バラされる事のリスクや、不倫を人質に自分の意見を押し通そうとする相手の狡さに嫌気がさすきっかけになります。

またこの脅し方をしてしまうと、二人の関係にもひびが入ってしまいますし、相手から暴力など実力行使に出られる可能性もあるためオススメはできません。
ほかにも、脅すまではいかなくても、自分から不倫をしていることをバラすような行動を何度も取られることも、既婚者男性にとっては危険分子にすぎません。

例えば、「SNSにお揃いのモノを投稿する」「わざと男性の職場や家の近くをうろつく」といった行動な度が挙げられます。不倫への考えが浅はかだと、「もうこの関係を続けることはできない」と男性の方からフェードアウトしてくことも。

奥さんや家族への嫉妬が激しい


不倫相手の奥さんや子供といった家族に対して、必要以上に敵対心を持つ人っていますよね。不倫をしている時点でいくら相手に優しくされたとしても、家族と同等であると考えるのは実に不毛です。

また、たとえ男性の方からパートナーの悪口を聞かされていたとしても、やたらと男性の家族の人格をけなしたり否定するのも良くありません。さらに、家族がいると分かりながらも付き合っている場合、やはり相手の家族との時間や仕事時間を邪魔するのはルール違反です。

よくありがちなケースとしては、休みの日などに家族サービスをしていて会えないと言われ、「私を優先してよ!」と男性の立場を理解しない言動をとることです。相手もまた気持ちでは悪いと思っているので、こうしたことを言われると「面倒だな…」と思わざるを得ない結果に…。

「いつ離婚するの?」と催促する


既婚者男性が不倫相手に対してストレスを感じやすいもので一番多いのは、離婚を強く急かされること。たとえ男性の中に離婚したいという気持ちや、パートナーへの愛情が無くなっている状態であっても、やはり実際に離婚するとなるとかなりハードルは高いですからね。

そんな中、「いつ私と結婚してくれるの?」「別れるって言ったよね」などと催促されてしまえば、「こちらの状況を把握していないのかな」「自分勝手な人」となり、一気に不倫相手への熱が冷めてしまいます。そもそも離婚の意志がなく、遊び相手として不倫している場合であれば、自然消滅へと加速する可能性も…。

ほかにも、普通の恋愛ではいいですが、かまって欲しいサインや駆け引き行為も不倫では避けた方が良いでしょう。既婚者男性の多くは不倫に対して、「自由な恋愛」「落ち着いた恋」を望んでいる場合が多いとされています。

強すぎる束縛


一般的な恋愛でも度々別れるキッカケになりやすいですが、強すぎる束縛はNGです。

特に不倫関係にあるのであればなお、相手には家族の目がありますから、その分制約や制限がかかりやすくなりますからね。「今、何してるの?」「あの日はどこにいたの?」「どうして連絡してくれないの?」などと問い詰めてしまうと、向こうからするとその連絡から家族に不倫がバレてしまうリスクが高くなります。

また、家ではメールや連絡をチェックしていると怪しまれるので、男性側があえて見ないようにしているかもしれません。結婚や普通の恋愛に嫌気がさしているからこそ、ドライな付き合いが出来そうだからと不倫に走る男性もいます。そんな中、不倫でも束縛されてしまうと、「もう、いいや…」「めんどくさいな」と感じるようになるのです。

「面倒…」と感じた男性がやりがちな行動


既婚者男性が不倫相手に相手に対して嫌気がさしたら、直接的に「別れよう…」と言ってくるケースもありますが、徐々に距離を置いてくることがほとんどでしょう。

例えば、「もう疲れた…」「面倒だな…」などとネガティブな思いを吐露してきたり、露骨に嫌な顔をしてきたりもします。人間ですから、本当に疲れている可能性も十分ありますが、あなたと会う度にそういったことを言ってくるのであれば危険信号。

さらに、言葉だけではなく以前に比べて、態度が素っ気なくなったり冷たくなることも、不倫に冷めかけてきた既婚者男性がよくするサインにあたります。「連絡頻度が減った」「受け答えが雑っぽくなった」「デートに誘ってこない」など。不安や心配になる前に、これまでの自分の行動を一度振り返ってみて下さいね。

面倒だと思われないためにはどうすればいい?


嫉妬や束縛に走ってしまうのは、精神的・金銭的自立や自分に自信がないことがほとんど。だからこそ、不倫のことしか考えないのではなく、趣味や仕事、他のプライベートなど、いくつかの依存先を作るようにしてみて下さい。

特に、金銭的な余裕があれば、再婚相手候補になる可能性が高くなります。メンタルが安定していれば、既婚者男性の状況や弱い面も受け止め、しっかりと心の支えになる事だってできますからね。そこで既婚者男性は相手に対して癒しや居心地の良さを感じ、パートナーよりも相性が良いと思うようになります。

既婚者男性と会うときはまず男性の話を聞くようにして、褒めたり慰めるようにしてあげて下さい。さらに、駆け引きとまではいかずとも、少しミステリアスな面や守りたくなる要素があればよりいいかもしれません。

まとめ


いかがでしたでしょうか。今回は既婚者男性が、「面倒だな…」と感じる不倫女性に共通するポイントについてご紹介してきました。特に、「将来的には離婚して欲しいと思っている」「とてつもなく好き」といった方にとって、面倒だと思われることは非常につらいもの。

しかし、今回ご紹介したものでなくても、男性の中で不倫への熱量が落ちるケースは当然あります。そもそも、不倫がバレてしまうとお互いが傷つくだけではなく、仕事や人間関係にも影響を及ぼす恐れがあります。もし、今の時点で不安を感じるのであれば、不倫関係をリセットすることも検討してみて下さい。

画像出典:istock

当記事はみのりの提供記事です。