元『乃木坂46』ツートップに明暗…白石麻衣と西野七瀬に格差が生まれたワケ

まいじつ

乃木坂46 
乃木坂46 (C)まいじつ 

『乃木坂46』の1期生として、グループを引っ張ってきた白石麻衣と西野七瀬。アイドル時代はツートップとして名を馳せていた2人だが、現在の活躍ぶりにはハッキリと差が付いてしまったようだ。

2011年に「乃木坂46」の1期生としてキャリアをスタートした白石と西野。

ファンだけでなく一般層からも人気・知名度のあった白石は、西野よりセンター経験が少ないものの、写真集がバカ売れするなど、卒業後も大成すると期待されていた。

一方で白石より約1年早く卒業した西野は、一般層からの認知度があまり高くなかったように思える。しかし、『グータンヌーボ2』(関西テレビ)のレギュラーで頭角を現し、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)での迫真の演技が話題を呼ぶことに。

気付けば『ハコヅメ ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)や『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)など人気ドラマに数多く出演。『第45回日本アカデミー賞』では、映画『孤狼の血 LEVEL2』にて助演女優賞と新人俳優賞をW受賞するのだった。

西野七瀬と白石麻衣に差が生まれたキッカケは?


順風満帆な西野に対して、白石は『かまいたち』と共にMCを務めているレギュラー番組『ウラ撮れちゃいました』(テレビ朝日系)が打ち切りに。9月からは、不定期放送の番組に格下げされるようだ。

また、現在白石が出演しているドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)も評価がイマイチ。無理矢理ねじ込まれた恋愛要素や、昭和を引きずる女性の働き方に批判が殺到している。第一部が完結した第6話では、視聴率が4%台まで落ちてしまっていた。

卒業後の活動とは言え、「乃木坂46」のファンも活躍の差を危惧しているようで、

《現役時代から大エースまいやん様には主役級しかさせないスタンスだったし、それが仇になったんだろうね》
《まいやんは『嘘喰い』とか微妙な作品が多くて同情する。2人の演技レベルはさほど変わらないのにねえ…》
《ぶっちゃけ年齢もあるやろ。若いうちにキャピキャピできる役で下積みしとかないとな。まいやんはもう30歳やもん》
《なーちゃんはあな番当たったのがガチででかい!》
《まいやんも一発何かの作品で当たってくれれば売れるんだろうなあ…》

などと考察されている。

事あるごとに比較されがちだが、グループを卒業した今、2人は同じゴールに向かっている訳ではない。それぞれの人生設計通りに、俳優やタレント業をのびのびとこなして欲しいものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。