松本まりか「衝撃のイメチェン」本格再始動で浮上した「またしてもダウン」の最悪事態

アサ芸プラス


 女優の松本まりかが8月12日に自身のインスタグラムを更新。ショートの髪型にした姿を披露し話題となった。

松本は「ただいま。変わらずに待っててくれたみんなありがとう。さ、進もう!」と綴り、髪をベリーショートにイメチェンした写真を投稿。フォロワーからは《ショートも似合うな》《おかえり~待ってたよー!》《元気な姿で帰ってきてありがとうございます》などといった声が飛び交い、大反響を呼んだ。

松本は4月11日に「仕事、終わりました。ほぼほぼぜんぶ、終わりました。全速力で走ってきたと思う。少し、ボーッとしよう」と投稿。その後更新が途絶え、8月13日、約4カ月ぶりに薄暗い部屋に火のついた蝋燭が1本立つ写真をアップし、「灯りは灯すから明るく照らしてくれる」などと綴っていた。

「今年2月27日のインスタで突如、休養宣言を発表した松本は、4月に久々の長期休暇をとり、約2週間にわたってスリランカで気分転換を図ったといいます。しかしその後、6月には『妖怪シェハウス』、8月11日からは『ぜんぶ、ボクのせい』と出演映画の公開が始まり、舞台挨拶などで再び多忙を極める生活に戻っていますね」(芸能ライター)

今回の投稿は久々の春休みと宣伝活動も一通り済み、本格的に活動を再開させるメッセージということだろうが、こんな懸念の声も出ている。

「彼女の場合、下積みが長く30代半ばに入りいきなり大ブレイクしたことから、来るもの拒まずで全力で走った結果、長期休暇が必要なほど精神的にも肉体的にも追い詰められてしまったようです。休養はとったものの、何事も神経を削りながら全力で演技に当たる責任感と繊細さは、そう変わるものではありません。松本が所属する事務所は現在、吉岡里帆や高岡早紀が引っ張っていますが、松本については周囲がブレーキをかけつつ仕事を選択させなければ、再びダウン寸前の事態を招きかねませんよ」(芸能プロ関係者)

マイペースで頑張って欲しいものだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。