NGT48 1stライブツアー東京公演大盛況、3期生の初々しさに中井りか嫉妬!?

dwango.jp news


NGT48が19日、LINE CUBE SHIBUYAにて1stライブツアー「未完成の未来」東京公演を開催した。

同公演は昼・夜2回、グループのオリジナル楽曲のみで構成される全26曲の熱いパフォーマンスで、笑いあり感動ありのステージを築き上げた。広いステージをさらに3段に区切り、高さも活かしたステージよりSHOWは展開される。



オープニングソングに選ばれたのは、『ポンコツな君が好きだ』。同曲で2曲連続のセンターを務める小越春花から出された「盛り上がっていきましょー!」の合図でスタート。『世界はどこまで青空なのか?』『青春時計』『しそうでしないキス』とオープニングより4曲連続全員でのパフォーマンス。エモーショナルなダンスを魅せたかと思えば、雷に打たれたようなストーリー仕立ての演出から映像とシンクロする激しいフォーメーションダンス。序盤からグイグイとオーディエンスを惹き込む。

ガラリとテイストを変えたのは、『空き缶パンク』。清司麗菜安藤千伽奈大塚七海古舘葵諸橋姫向というダンス選抜メンバーが、スモークの噴射とレーザーが飛び交うステージで、ブラックのタイト衣装に身を包みクール&セクシーなダンスを妖艶に披露した。

続いては清楚な世界観へと誘う、『僕の涙は流れない』。中井りか奈良未遥西潟茉莉奈藤崎未夢川越紗彩真下華穂のメンバーが、万華鏡のように神秘的な映像と共に白のドレスで華麗に舞う。続く『春はどこから来るのか?』は、小熊倫実西村菜那子本間日陽佐藤海里對馬優菜子、小越春花、曽我部優芽、三村妃乃、古澤愛による制服での寸劇からスタート。本間がのほほんと「春はどこから来るのか?」と物思いにふけるが、「遅刻するよ!」とメンバーらに声をかけられ学校へと急ぐ。道中では西村より発せられた、「25歳になったから…、7年も留年してるーーっ!」の絶叫に笑いが広がった。

ここからは四季を取り入れた楽曲展開が続く。夏らしい『シャーベットピンク』では、浴衣姿のメンバーが縁日に見立てられたステージでお祭り騒ぎ。また、曲の後半では海でのスイカ割りにガチ挑戦!?続く秋をテーマにした『君はどこにいる?』では小熊が特技の和太鼓を曲中に披露。8月末で卒業を発表している對馬優菜子は曲中にラーメンを完食!?そして冬をテーマに届けられたのは『Maxとき315号』。小越が「~だから」という意味合いの新潟弁「だっけさ~」を披露すると、会場にはほっこりとした空気が流れた。この日初のMCパートでは、對馬が「このツアー参加が最後になるのでアイドル姿をみなさんの脳裏に焼き付けたいと思ってたのに…、このままじゃツアーでラーメン食べてた人って記憶しか残らないんじゃ!ここからアイドル魅せて挽回していきます!」と爆笑をさらった。

中盤戦は、「チャレンジコーナー」として西潟の『Whatcha Gonna do』パフォーマンスからスタート。エレクトロニカサウンドの楽曲を、モノトーンの衣装でクールに披露した。続く『片想いのままじゃ終われない』では、CloudyCloudy(小熊、中井、對馬、小越)が、ガーリーでポップでキュートな世界観を魅せる。これに続いたのは、本間のソロ歌唱で届けられる『好きなんて…』。伸びのある艶やかな声でオーディエンスを魅了した。

ここからは、期生別パフォーマンス。まずは1期生による『昨日よりも今日 今日よりも明日』。安定感バツグンの圧倒的表現力で届けられるパフォーマンスは息を呑むほど。ドラフト3期生による『どうしようもないこと』は、赤と黒を基調とした衣装で映像と見事なシンクロパフォーマンス。2期生による『自然渋滞』はダンサブルなディスコサウンドをクールな黒衣装で披露するという盛り上がりとなった。

2度目のMCパートに移ると、中井が「2期生の自然渋滞ダンスが好きすぎて踊れるようになりました!羨ましい!誰か体調不良の際にはすぐ入れますんで!」と沸かせ、3期生メンバーの紹介へと移る。磯部瑠紅は特技の変顔を披露し、北村優羽は「中村歩加さんの大ファン」と公言すると、中井に「2人ともこの先バラエティしか道がないけど大丈夫?」とツッコまれ笑いが広がった。鈴木凜々花は美声で『Maxとき315号』を童謡っぽく披露。長谷朱桃は「世界一好きなセンパイは中井りかさんです!」と発言。続く部活動勧誘コーナーでは、キャンプ部、みんなで新潟農業部、ゲーム部、ゴルフ部、信越そば部、らーめん部、新潟スイーツ部、軽音部、ラジオ部、カメラ部と様々な部活動が紹介され、3期生はツアー千秋楽までに入りたい部活を決めなければならないというので今後にも期待だ。

いよいよステージも終盤戦。まずは3期生メンバーによる『あとで』。中井も「ピチピチで腹立たしい!」とツッコむほどに初々しいパフォーマンスで会場を沸かせる。これに負けじとイエローの衣装にお色直しし現れたセンパイ方は、『Awesome』『友達でいましょう』『世界の人へ』『絶望の後で』『心に太陽』と5曲をメドレーで披露。ダンスと歌唱だけでなく、表情や指先の繊細な動きでまで魅せるパフォーマンスには圧倒されるしかなかった。

そして、ラストソングに選ばれたのは『みどりと森の運動公園』。これに全力の拍手で応えるオーディエンス。この拍手はそのままアンコールリクエストへと変わる。アンコールを受け登場した全員のメンバーは撮影可能タイムとして、アンコール1曲目に『Soft Serve』。アンコール2曲目に『ナニカガイル』をポップに披露し、いよいよ本当のラストソングへ。3期生も含め全員でのステージとなったのは『NGT48』。曲スタートの掛け声に「さ~て!」をチョイスしてしまった小越。これには「サザエさんかよっ!」「最後だからちゃんとやって!」と総ツッコミを受けることとなり大きな笑いが。そして小越は「本当に本当に最後の曲になります!」と仕切り直し、運動量も多く激しいダンスを全力で魅せるという熱いパフォーマンスが新制NGT48全員より届けられる。そんな姿にオーディエンスの拍手はいつまでも鳴りやまなかった。

【概要】

実施日: 8月19日(金)

時間: いずれも2時間半程度予定

・昼公演 〈受付〉12:45~〈開場〉13:30 〈開演〉14:30

・夜公演 〈受付〉16:45~〈開場〉17:30 〈開演〉18:30

会場: LINE CUBE SHIBUYA

出演メンバー: NGT48メンバー 24名

〈1期生〉小熊倫実、清司麗菜、中井りか、奈良未遥、西潟茉莉奈、西村菜那子、本間日陽

〈ドラフト3期生〉安藤千伽奈、佐藤海里、對馬優菜子、藤崎未夢

〈2期生〉大塚七海、小越春花、川越紗彩、曽我部優芽、古澤愛、古舘葵、真下華穂、三村妃乃、諸橋姫向

〈3期生〉磯部瑠紅、北村優羽、鈴木凛々花、長谷朱桃 ※本公演は4名が参加。

※「1期生、2期生、3期生」は、NGT48メンバーを決めるオーディションで合格し加入したメンバーです。

※「ドラフト3期生」は、2018年に行われた第3回AKB48グループドラフト会議にてファンからの指名を

受けて加入したメンバーです。

客数: 1,500名(昼夜公演ともに)

ⒸFlora

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。