白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン(前編)

OTONA SALONE



髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。

それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでもあります。

とは言っても、加齢の波は容赦なく押し寄せるだけに、その日のテンションや気候によっては「こんなハズじゃないのに!」な仕上がりになってしまうのも、“あるある”ではないでしょうか。

そして、そんな姿のせいで男性が「一緒に歩きたくない……」なんて思っていることもあるようですから、意中の男性とのデートや食事の際には、気をつけておくに越したことはありません。

時短美容家の私、並木まきが、男性たちが「恥ずかしい」と口にした、40代女性の残念髪の特徴に迫ります。

そんなつもりじゃないのに…男目線だと「みっともない」40代女性の髪1:オイルのつけすぎで全体的にベタベタしている




「ヘアオイルの付けすぎだと思うんですけど、髪がベタッとしている中年女性は、脂ぎって見えるからみっともないと思います。若い子なら『わざとかな?』と思うけど、40代だと不潔にしか見えない。一緒に歩くには、ちょっと恥ずかしいですね…」(43歳男性/ITサービス)

「ベタベタした見た目の髪をしている40代女性は、それだけでオバサンっぽく見えるし、生活感がすさまじい。妻がそんな髪をしていたら、全力でやめさせます!(苦笑)。でも、世間には意外と多い気がする。僕は一緒に歩きたくないなぁ」(46歳男性/工場勤務)

濡れ髪風に仕上げたスタイリングや、パサつきが気になるときのデイリーケアなど、ヘアオイルの出番は多いけれど、適量を誤ると男目線での「みっともない」を招きがちに。

付けた直後には「いい感じ」だとしても、時間の経過とともに自分の頭皮から出る脂と混ざり、見た目のベタつきを招くこともあるので、気をつけて。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。