カニエ・ウェスト、イージー・ギャップの最新コレクションを“ゴミ袋”で販売したことを擁護「謝罪するつもりはない」

Billboard JAPAN



現地時間2022年8月18日、カニエ・ウェストことイェーが、イージー・ギャップの最新コレクションの販売方法について説明した。巨大なゴミ袋に入れて販売されていると多くの人々がSNS上に書き込んだことを受けてのことだ。

この販売方法が、ホームレスや極貧生活の送る人々を馬鹿にしている、あるいは嘲笑しているという反発に対して、カニエは米フォックス・ニュースのインタビューで、「いいですか。私は革新者であり、自分のアイデアについて謝罪するためにここにいるのではありません。それは、まさにメディアがしようとしていることです。メディアが我々に考えさせたい方向からアイデアが外れると、彼らはそのアイデアについて謝罪させようとする」と説明した。

さらにカニエは、同局レポーターのエリック・ショーンに、このような批判はデザイナーや他のクリエイターがアイデアを世界に発信することを“より臆病にする”ため、メディアは“クリエイターをからかうべきでない”と主張した。

また、彼は大きな黒い容器は実はゴミ袋ではなく、イージー・ギャップのショッピング体験をよりカジュアルで平等的なものにするためにデザインされた“建築用バッグ”であることを明かした。「これは冗談ではなく、ゲームでもない」と彼は続けた。「単なる著名人とのコラボレーションではありません。これは私の人生です、わかりますか?衣類を変え、最高のデザインを人々に届けることができるポジションのために戦っているのです」と語った。

全米のギャップ店舗での最新コレクションの発表に先立ち、彼はSNSに「子供たちを見ろ……ホームレス達を見ろ……それがあらゆるデザインへの最大のインスピレーションになる」という謎めいたメッセージを投稿したが、その後削除された。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ