アンジャッシュ児嶋、明石家さんま・石橋貴明ら錚々たる先輩と交流が生まれたきっかけを明かす「呼ばれて…」

E-TALENTBANK


8月17日に放送された日本テレビ系『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』に、 アンジャッシュ・児嶋一哉が出演した。

【関連】アンジャッシュ児嶋、相方・渡部とのコンビ活動再開について「緊張感持って…」

番組中、出演者らが“得意なこと”についてトークする場面があった。この中で、児嶋は「僕、唯一あるのが、麻雀がちょっと得意で」「こう見えて、プロ資格を取ったことがあるぐらい得意なんですよ」とコメント。

続けて「日本一を決めるみたいな大会の、決勝残り4人まで残って」「最後の最後にまくられて、2位だったことがあるんですよ」と、もう少しで日本一になるところだったという当時を振り返った。

さらに、「そっから、アンジャッシュの児嶋っていうより、麻雀強い児嶋っていうのがいるらしいってことで、さんまさん(明石家さんま)とか、とんねるずのタカさん(とんねるず・石橋貴明)とかその辺の方に、麻雀呼ばれて一緒にやるようになった」と話し、スタジオを驚かせていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。