呼吸法が変わればお腹が痩せる。毎日1セット【お腹ダイエットを促進する】簡単習慣

beauty news tokyo


運動を頑張っても、食事をきちんと管理しても、お腹がなかなか痩せないとお悩みの方は少なくないと思います。そんな方は“腹圧(腹腔内圧)が低下している”可能性が大。腹腔(食道や小腸、大腸などの内臓を含むお腹の中の空間)の内圧が低下すると外へ向かう力が多くかかってしまい、お腹ぽっこりの状態になってしまうのです。そこで習慣に採り入れたいのが、その腹圧を強化する簡単エクササイズになります。

腹圧を強化!呼吸法が変わる簡単エクササイズ


腹圧を強化するには「呼吸法を変えること」がポイント。呼吸法が変わって腹圧を常にキープできるようになることで、自然とお腹ダイエットが促進されます。

(1)床に仰向けになってひざを立てて両脚を腰幅程度に広げ、息を吸いながら骨盤を後傾させていき、骨盤を床にぴったりとくっつける



(2)両ひざを持ち上げ、息を吸いながら両手でひざを抱えて胸に近づけていく



(3)息を吐きながら顔を持ち上げ、持ち上げたひざに近づけていく



(4)お腹に力を入れたまま上半身を持ち上げて床につま先をつけ、この姿勢で吸って吐いての呼吸を5回繰り返す



(5)上半身を下ろして脱力する



なお、期待する効果をきちんと得るためには「常にお腹を薄くしている状態をキープすること」、「常に脇を締め、腰と骨盤がしっかり床に着いた状態をキープすること」の2つがポイント。また、つま先と脇が上がってしまったり、つま先と腰がきちんと床についていなかったりするとお腹以外の場所に負荷がかかってしまうので注意しましょう。

とてもシンプルなエクササイズですが効果は絶大。日常的に深く呼吸できるようになれば、お腹痩せ効果を得ながら質の良い睡眠を手にいれることにもつながります。「どうしてもお腹が痩せない(痩せにくい)」と感じているなら、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ