常盤貴子、帰宅シーンを再現して八嶋智人に心配される「悩み事あるなら聞きます」

女優・風吹ジュン(70)と常盤貴子(50)、俳優・八嶋智人(51)が18日、都内で開催された「新 PRIOR お披露目会」に出席した。風吹と常盤は新CMに出演、八嶋はナレーションを担当しているが、CMの話題から帰宅する際の様子を常盤が語ると、八嶋に「大丈夫ですか?」と心配される場面があった。

資生堂の50代以上の女性向け総合ブランド「PRIOR(プリオール)」のミューズを続投する常盤貴子と新たにミューズに起用された風吹ジュン。21日に「プリオール 薬用 リンクルゲル」が発売されるが、同日から放映されるTVCMでオープンカーでドライブを楽しんでいる2人は、お披露目会にCMと同じ衣装で車の形のボードを携えて、オープンカーに乗っている体でユーモラスに登場した。

新CMのドライブシーンでは風吹がハンドルを握って、常盤が助手席にいるが、風吹はもともと車の運転が好きとのこと。ところが常盤は「風吹さんに運転していただくの大丈夫かな?」と驚いたそうで、風吹は「イメージありますよね。私、授乳しながら運転やってましたから。昔はね、シートベルトもなかったので」と振り返った。風吹は「免許証を取ったきっかけは行動半径を広げたいという思いだった。あちこち思いのままに動けるというツールが車」と運転を始めた経緯に触れて、「子供ができてからもずっと子供たちといろんなところをドライブしたり、パンクを経験したり…」と運転経験は豊富だという。

そこで新CMでナレーションを担当し、お披露目会に駆け付けた俳優・八嶋智人が「車の中って運転にも集中しているけど、空間がプライベートな感じがするし意外とリラックスできるのかもしれない」と推測すると、「確かにそうですね」と風吹。「仕事帰りの車の運転って実はモードチェンジするのに一番いい」という風吹に、八嶋も「分かります。現場でワーッと盛り上がったときのクールダウンとか、表に出ている自分からプライベートに戻る切り替えできますもんね」と頷いた。すると今まで2人の話を聞いていた常盤が口を開いて「家に着いたときにすぐに家に入らずに、エンジンを止めてしばらくじーっとしてたりしません? それで(しばし間をあけて)『よし、帰ろう』みたいな」と再現しながら語った。これに八嶋が「大丈夫ですか? 何かお悩み事があるなら聞きますけど」と心配すると、常盤は「大丈夫です」と断った。

「快適なドライブでした」と風吹の運転スキルを褒めた常盤だが、新CMでは風吹と常盤がはち切れんばかりの笑顔を見せている。新たに制定されたブランドメッセージ「大人の七難 ピースでいこう」を掲げているが、風吹は「最近前向きにいこうと思ったこと」を聞かれると「今日まさにその日ですね。皆さんの前に出ると元気でいたい。いつも元気なんですけど、さらに元気でいたいと思いますね」とコメント。続けて「毎日ピースな気分でいるために心がけていることは?」との質問に、常盤は「とにかく迷ったら笑うこと。とりあえず笑っていればなんとかなる。あとは寝ること。寝たらなんとかなる」と日々のモットーを明かした。八嶋は「ピースな気分にしてくれること」と問われて「息子が中3になるんですけど、思春期なのに親と仲良くしてくれるんで、男同士で家族でワイワイしているときがピースですかね」とにこやかに回答した。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ