中川翔子の“ゲーム課金”13万円が議論を呼ぶことに…「規制が必要かも」

まいじつ

中川翔子 
中川翔子 (C)まいじつ 

タレントの中川翔子が8月15日に自身のYouTubeチャンネルを更新。オンラインゲームに多額の課金をしたことを明かし、ネット上で物議を醸している。

中川は『見ろ!これが12万円も課金した成果だ!』のタイトルで動画を投稿。「あの、しおしおです私」と切り出すと、「本当にため息しかでないんですけど、まさかのそんなつもりマジでなかったんですけど『荒野行動』にガチャで13万円もぶち込んでしまいました」と告白したのだった。

続けて「それによって、なんと画面がメチャクチャ豪華になりました。ということでロングヘアーの綾波レイと、そして念願の念願の白アスカちゃんを手に入れたので、それを使って今日はちょっと『荒野行動』で1位を狙って遊んでいこうと思います」と語った。

中川のプレイしている『荒野行動』は現在、人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』とコラボしており、中川は人気キャラクターの〝白アスカ〟を狙っていたようだ。


中川翔子の豪快な課金っぷりが議論の的に


中川の白熱したゲーム実況に、ファンからは

《ついに白アスカゲットしたんですね! いいな~、めちゃ羨ましい》
《ゲームを楽しんでるしょこたん、可愛いですね》
《さすがしょこたん、欲しいものは必ず手に入れる。その心意気見習いたいです》
《しょこたんがチームにいたら、誰だって絶対に守るでしょう! 楽しそうでいいなぁ…》

など、反響を呼んでいる。一方、ゲームへの課金に難色を示す人も多く、

《携帯ゲームは課金含めて過去にやっていた事はあったけど、今はしてないな。課金と言っても2万円位でストップしたけど、あの課金は無駄だったなぁとしみじみ感じる》
《無料で十分に遊べたり、補填やプレゼントで石をくれる優しいソシャゲの末路はサービス終了。だからある程度バランスよくみんな課金してるとこは、潤ってるよね》
《この課金って相当問題だと考えている。普通の方はいいんだけれど、少しハンデを持っているようなグレーゾーンの方は、絶対と言っていいほど、管理する人や守る人がいないと生活に多大な影響を及ぼすほどの課金をしてしまう》
《以前コンプガチャが問題になって規制されて消えました、そこから天井やポイント交換で上限が設けられましたが、それにしたって数万は使わないとダメなので結局あまり変わらなかった。イタチごっこかもしれないが、更になんらかの規制が必要かもしれません》

といった苦言も続出している。

「中川は13日に投稿した動画でも〝白アスカ〟をゲットするため、多額の課金を報告しましたが、なかなかアタリを引くことができず、結果的にクレジットカード3枚が利用停止になったことを明かしています。もっとも、上には上がいて、何百万円も課金する廃課金勢もいるので、13万円ではまだ可愛い方かもしれません」(ネットニュースサイト編集者)

動画の最後には申し訳程度に、〝ガチャのご利用は計画的に〟という字幕が流れていた。

基本無料のゲームが流行っている昨今。ゲームの存続や欲しいキャラを出すために課金するゲーマーも多いようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。