霜降りせいや、武田鉄矢のものまねNo.1を決める「鉄-1グランプリ」に参戦!

TVerプラス

8月18日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)では、武田鉄矢をゲストに迎えて「鉄-1グランプリ」が開催される。

同番組は千鳥(大悟、ノブ)がMCを務め、今輝く人気芸人たちが、普段披露しているネタとは一味違う“クセがスゴいネタ”を披露するバラエティ番組。武田と川崎鷹也がゲスト出演する。なお現在、TVer限定コンテンツ『○○のクセがスゴいネタGP』が配信されている。

「鉄-1グランプリ」は、“誰が一番、鉄矢なのか”というシンプルなルールのもと、腕に覚えがあるものまね自慢の芸人たちが“こん身の鉄矢”で競い合っていく。そんな戦いに番組の人気シリーズの一つでもある「木曜よる9時のワイドナショー」が豪華ものまねコラボで参戦。原口あきまさ演じる東野幸治と、JP演じる松本人志のもとに、武田に扮するせいや(霜降り明星)がゲストとしてやってくる。そのものまねっぷりを見届けた武田が「ものまねがうまくなったなぁ」と思わず親目線でコメントしてしまうほど、せいやはクオリティが上がったものまねを披露する。

ほかにも、松村邦洋、古賀シュウ、ホリという“クセがスゴい鉄矢芸人”が勢揃いし、武田の代表曲を熱く歌い上げる。クセがスゴい三人の歌声に、スタジオで見守っていた武田も思わずマイクを持って立ち上がる!? スタジオの枠を超えた夢のカルテットは実現するのか?

そして、大人気コーナー「クセスゴ歌謡祭」では、日谷ヒロノリ(佐久間一行)や天山広吉&本間朋晃といった番組おなじみのメンバーがクセスゴソングを熱唱するなか、それに触発されたゲストのシンガー・ソングライターの川崎も、自身の代表曲「魔法の絨毯」をスタジオで生披露。さらには自身の特技でもあるという即興ソングも実演することに。その場で出てきたキーワードを元に、川崎がすぐさま歌にしていくというものなのだが、千鳥の二人と武田が提案したキーワードに注目だ。

なお前回の放送では、友近と秋山竜次(ロバート)、COWCOW、ジャルジャル、しずる、相席スタートらが新作コントを披露した。

<武田鉄矢 コメント>
――収録を終えて。

この番組の“笑い”は新しいですよね。私もお笑いは好きで、中でもパターンを踏んだ笑いの人が好きなんです。だから今回もどういうパターンで笑いにつなげているのか、懸命に見極めようと見て楽しんでいました。かなり極端なネタも多かったんですが、それを百も承知で、覚悟をもってやっている彼らには是非それを貫いてほしいなと感じましたね。

――武田さんのものまねNo.を決める「鉄-1グランプリ」はどうでしたか?

せいや(霜降り明星)さんのしていた私のものまねは、腕を上げたなって思いました。昔はちょっと流している感じもしたんですが、私の色々な番組を見て勉強していますよ。まねしている台詞は、ほとんど私がしゃべったことでした。松村くんもうちまで遊びにくるような人でしたけどエキスパートですよね。ものまねされ始めた頃は“俺はあんなんじゃないよ”と思っていたりもしましたが、見ていくうちに“やっぱり俺はあぁなんだなぁ”と思うようになるんです。ものまねされるというのは不思議なもんですよね。

――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

新しい笑いの波が今起きようとしているっていう風を感じています。特に司会の千鳥の二人から今までとは違う笑いが生まれてくるんじゃないかって期待しています。皆さんもぜひ新しい笑いの波を一緒に楽しんで下さい。

当記事はTVerプラスの提供記事です。