結木滉星「島崎遥香さんみたいな先生がいたら惚れそうです (笑) 」最新作の舞台裏

ananweb

日本が誇る絶景のひとつといえば、瀬戸内海にある自然豊かな島々の景色。そんな美しい眺めを体感できる映画『凪の島』がまもなく公開を迎えます。そこで、こちらの方にお話をうかがってきました。
■ 結木滉星さん

【映画、ときどき私】 vol. 512

東京から瀬戸内の小さな島へ越してきた小学4年生の凪が経験するひと夏を描いた本作で、島に暮らす漁師の青年・守屋浩平を演じた結木滉星さん。スーパー戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で初主演を務めたのをはじめ、映画や舞台、さらにメンズファッション誌『smart』の専属モデルとしても活躍し、注目を集めています。今回は、撮影中の思い出や理想の結婚式、そして意外な素顔などを教えていただきました。

―今回は、吃音を持っている漁師の青年という役どころでしたが、役作りをするうえで意識したことはありましたか?

結木さん
 最初は、吃音症についてあまり知らなかったので、本を読んだり、動画を見たりするところから始めました。浩平自身がポジティブに捉えているので、あまり気にすることなく、癖のひとつくらいの感覚で演じています。

作品全体を通しても温かくてほっこりしますし、浩平の前向きな感じにも元気をたくさんもらったので、演じるのがすごく楽しみでした。漁師といえばガッチリとして強そうなイメージですが、僕はどちらかというと親しみやすい雰囲気を出せるように意識しています。

■ 普段とは違う環境で、自分を見つめ直す時間ができた

―漁師として、事前に準備されたこともあったのでしょうか。

結木さん
 実は、これまで釣りをしたことがなければ、海に対してもあまり免疫がありませんでした。なので、まずは釣り好きの友達に連絡をして、釣りに連れて行ってもらうところから始めることに。最初は魚に触れられるどうかも不安なくらいでしたが、撮影前にいろいろと経験していたおかげで、釣りをしているシーンもうまく行ったと思います。

あとは、船酔いしてしまうのではないかと心配でしたが、自然のなかにいる気持ちよさのほうが勝っていたのか、それもまったく問題なくできたので、すごく楽しかったです。

―山口県にある島での撮影ということで、都会の現場とはかなり違ったのではないかなと。

結木さん
 朝起きて、すぐに海が見えるというのは気持ちよかったですね。普段ではなかなか味わえない環境だったので、自分を見つめ直すような時間にもなりました。ただ、唯一感じた不便といえば、コンビニにすら歩いて行けないような場所にホテルがあったことと、コロナ禍でどこにも行けない状態であったこと。

ひたすらホテルにいたので、筋トレしたり、外の空気を吸ったりして過ごすしかなかったのですが、海が見える露天風呂に入れたのはすごくよかったです。また戻ることができたら、次はおいしいものを食べたりしたいですね。

―今回、主人公の凪を演じた新津ちせちゃんと共演してみて、いかがでしたか?

結木さん
 ちせちゃんは、子どもの部分と大人の部分の両方を持っているのですが、あの年齢でこんなにもちゃんと周りが見えていて、気が遣えるのかと驚きました。その姿を見て、僕もこのままじゃいけないなと(笑)。そのあたりは、ちせちゃんから学びました。

■ いい意味で上下関係のない現場だった

―そのほかにも嶋田久作さんや木野花さんなど、実力派の先輩方が多かったと思いますが、現場の様子についても教えてください。

結木さん
 都会にはない時間の流れというか、山口県の空気感のおかげかもしれませんが、大ベテランで大先輩の方々との間にもいい意味で上下関係がない現場でした。僕も緊張することなく、みなさんと打ち解けられたのはよかったなと思っています。

―劇中で浩平が想いを寄せるのは、学校の先生として登場する瑞樹。演じていた島崎遥香さんとは、どんなやりとりをしてから撮影に入られましたか?

結木さん
 役に関することは特に話していなくて、ほかのみなさんと同じように仕事と関係ない話ばかりしていた気がします。「東京に戻ったら何食べたい?」とか「いまUber Eatsがあったら何頼む?」とかそんなくだらないことばっかり話していました(笑)。

―結木さんから見て、瑞樹みたいな女性はどう見えましたか?

結木さん
 僕は「先生」というだけでも憧れてしまうところがありますが、子ども思いで、他人のことを思いやれるところが素敵だなと感じました。特に、子どもと触れ合っている瞬間は、その人の優しさも出ると思うので。しかも、あんなキレイな先生がいたら、男は惚れちゃいますよね(笑)。

■ 結婚式のシーンは、一生できない経験になった

―確かに、間違いないです。そして何より、劇中で行われた海の上での結婚式が素敵でした。

結木さん
 僕もあのシーンは、一生できない経験をしたと思っています。今後も、結婚式のシーンは演じる機会があると思いますが、海の上でというのはなかなかできないので、すごく楽しかったです。しかも、僕が和装で相手がドレスといういい意味でのミスマッチ感もよかったなと思います。

―もしご自身が思い描く理想の結婚式があれば、教えてください。

結木さん
 結婚願望はありますし、子どももほしいですが、まだまだ先の話のように感じてしまうので、いまは全然想像できないですね。でも、身内だけとか、劇中と同じように仲のいい人だけを呼んでこじんまりした式をするほうがいいのかなとは思いました。

―浩平とご自身、似ているところや共感するところはありましたか?

結木さん
 女性に対してシャイになる気持ちは、すごくわかりました。あまり見せないようにしていますが、実は僕もシャイなので……。

―そういう性格は、子どもの頃からですか?

結木さん
 いや、子どものときは逆にクラスで一番うるさいくらいで、本当にお調子者でした。ただ、中学校に入って、異性を意識するようになった頃から、急に恥ずかしがり屋になった気がします。相当カッコつけてたので、いま振り返ると嫌いなタイプですね(笑)。

ただ、大人になったいまでもカッコよく見られたい気持ちはありますよ。なので、シャイであることに気づかれないために、あえてよくしゃべったりすることも。でも、相変わらず根はシャイなままだと思います。

■ 役者としても、人間としても先を考えるようになった

―俳優デビューから、今年で10周年となります。改めて振り返ってみていかがですか?

結木さん
 まずは、あっという間だったなと感じています。僕がこの仕事を好きな理由は、つねに新たなことにチャレンジし続けられるところ。その都度乗り越えていくのが楽しいです。

―次の10年に関しては、どういったビジョンを持っていますか?

結木さん
 今年で28歳になるので、今後についてはもう少しちゃんと考えないといけないなとは思っています。役者としてどうするかということだけでなく、ひとりの人間としても自分の人生について考えるようにはなりました。

―近いところでいうと、30歳という節目もありますが、それまでにしたいことを挙げるとすれば?

結木さん
 そもそも、僕はモテたいと思ってこの仕事を始めたので、もっと多くの作品に出て、30歳の頃には街を歩けないくらいになりたいですね(笑)。

■ まっすぐな2人の恋にも注目してほしい

―プロフィールには、「特技:カラオケ」とあります。歌のお仕事も考えているのでしょうか。

結木さん
 ただ好きなだけで、うまくはないです。なので、特技とは言えないですね(笑)。現時点では、仕事にできるレベルに達していないですが、もし達することがあればやってみたいなとは思います。

―楽しみにしています。ちなみに、得意な曲はありますか?

結木さん
 音楽に関しては、わりとミーハーなので、そのときに流行っている曲を友達と歌うことが多いかなと。ただ、バンド系よりも、シンガーソングライターのバラードみたいなタイプの曲をよく聴いています。

―そのほかにも息抜きにしていることがあれば、教えてください。

結木さん
 友達と飲みに行ったり、洋服を買ったり、好きなサッカーを観戦したりすると気持ちが落ち着いてリフレッシュしますね。あとは、YouTuberの平成フラミンゴさんの動画を見ること。すごく元気をもらっています。

―それでは最後に、ananweb読者へメッセージをお願いいたします。

結木さん
 今回のインタビューでは、映画の話だけでなく、僕自身についてもいろいろと話をさせていただいたので、まずはこういう人間がいて、役者をやっていることを知ってもらえたらうれしいです。僕個人でも、役を通してでもいいので、ぜひ応援していただけたらと思います。

この作品に関しては、見ているこっちか恥ずかしくなるくらい浩平と瑞樹の恋がまっすぐなので、そのあたりも注目していただけたらいいなと。「昔の自分もそうだったなぁ」と思い出しながら楽しんでいただきたいです。

■ インタビューを終えてみて……。

凛々しい顔立ちと、さわやかな笑顔が魅力的な結木さん。「モテたくてこの仕事を始めた」というエピソードは意外でしたが、いまでは役者に対する強い思いがひしひしと伝わってきました。劇中では、漁師として光り輝く夏の海に佇む姿も素敵なので、ぜひお見逃しなく!

■ 誰にとっても、かけがえのない夏になる!

心に傷を負った少女が、豊かな自然と温かい人たちに囲まれるなかで大きく成長していくさまを描いた本作。それぞれの悩みを抱えながらも前向きに生きようとする大人たちの姿に背中を押され、海の美しさにも癒されるのを感じられるはずです。
取材、文・志村昌美 撮影・宮本剛ヘアメイク・松田陵 スタイリスト・伊藤省吾
■ ストーリー

両親が離婚したことにより、母の故郷である山口県の瀬戸内にある小さな島に移り住むことになった小学4年生の凪。普段は明るく振る舞う凪だが、母に暴力を振っていたアルコール依存症の父親の姿を思い出すと過呼吸を起こすようになっていた。

そんな凪の事情を知った島の人々は、何も言わずに彼女を温かく迎える。そして凪もまた、同級生や担当教師の担任教師の瑞樹、用務員の山村、漁師の浩平をはじめとする島の人たちの悩みを知るようになり、彼らを支えようとするのだった。ところが、平穏な日々を送っていた凪たちのもとに突然父親がやってきて、再び家族に戻りたいと言い始めることに……。

■ 手に汗握る予告編はこちら!



■ 作品情報

『凪の島』8月19日(金) 新宿ピカデリー、MOVIX周南ほか全国順次公開配給:スールキートス (C) 2022『凪の島』製作委員会

当記事はananwebの提供記事です。