皮膚がんの手術で頭頂部に穴 「紫外線、日焼け用ベッドはNO!」と訴える34歳女性(米)

米テキサス州に住む34歳の女性は先月、皮膚がんの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)と診断された。女性は10代の頃に一年中肌を焼いていたそうで、自身の経験から「紫外線を避け、日焼け用ベッドを使うことは止めよう!」と呼びかけた。『The Sun』などが伝えている。

テキサス州ダラスに住む3児の母メアリー・ベントレーさん(Mary Bentley、34)は10代の頃、小麦色の肌に憧れて日焼けベッドを多用し、太陽を思う存分浴びて過ごした。

そんなメアリーさんが肌を焼くことを止めたのは19歳の時、夫の勧めで皮膚科に行ったことがきっかけで、ほくろの1つが「前がん状態」であることが判明したからだった。これは正常なほくろに比べ、明らかにがんの発生しやすい状態で、医師はメスで異常に見える患部を広く取り除いて対処した。

それからというものメアリーさんは、3~6か月に一度は皮膚科に通い、ほくろの生体検査を25回も受けており、そのうちの5つは前がん状態と診断された。しかし先月、定期検診で頭頂部に薄茶色のシミが見つかり、生体検査にてそれが「メラノーマ(悪性黒色腫)」であることが分かりショックを受けた。

「暑いテキサスで育った私は、よくプールや湖に行ったし、高校に入ると日焼けベッドを多用するようになったの。周りの女の子はみんなそうしていたし、誰もがいつも小麦色の肌をしていたわ」とメアリーさん。紫外線や日焼け用ベッドによる皮膚がんの発症リスクを知りながら、実際に皮膚がんになって初めて事の深刻さに気付いたそうで、「あの頃のつけが今、回ってきたの。肌を焼くのを止めた時にはすでに、私の皮膚は相当のダメージを受けていたのよ」と肩を落とす。

なおメラノーマの治療は、取り残しがないように周りの正常な組織も含めて広めに切除する必要があるそうで、メアリーさんは先月21日に地元のUTサウスウェスタン・メディカル・センターで行われた手術について次のように語った。

「手術は局所麻酔で、医師が頭皮を切り取っているのが分かったわ。かなり深くまで切除したようで、アシスタントが『患者の頭蓋骨をこんな形で見たのは初めて』と言うのが聞こえてきてゾッとしたの。」

「それに一度頭皮を切除した後、4時間も待たされてね。それで取り残しが見つかり、さらに広範囲の組織が切り取られたわ。」

ちなみにメアリーさんのメラノーマは4.2センチ×2.6センチだったそうで、実際には患部から4.5センチ×3.1センチが切除され、頭頂には大きく穴が開いたという。

ただ穴を塞ぐために使われた医療用ホチキス13個はすでに取り外され髪の毛が生え始めており、メアリーさんは「医師には『その部分がハゲてしまう可能性もある』と言われたけど、今のところは順調に回復しているわ」と笑顔を浮かべ、最後にこのように述べた。

「私は子供たちに『日焼け止めを塗りなさい』とか『長袖を着なさい』と口を酸っぱくして言っていたの。今回の手術で子供たちは日焼けにより注意するようになったし、肌を焼かないことの大切さに気付いたようよ。」

「どうしても小麦色の肌にしたい人には、より安全なセルフタンニングを利用することを勧めるわ。がんが転移していなかった私はラッキーだったけど、日焼けベッドや紫外線で命の危険に晒されることがあることをみんなに知って欲しい。そしてより多くの人が自分の肌に注意を払ってくれることを願っているわ。」

画像は『The Sun 2022年8月12日付「GRIM WARNING I’m sharing grisly photos of giant hole in my scalp to urge you not to make my mistake」(Credit: Kennedy News)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。