<フル>「のんの瞳に吸い込まれた」夏帆ら登壇 映画『さかなのこ』舞台挨拶


8月10日都内にて、映画『さかなのこ』の完成報告舞台挨拶が行われ、キャストののんさん、夏帆さん、磯村勇斗さん、さかなクン、鈴木拓さん(ドランクドラゴン)、監督の沖田修一さんが登壇しました。

お魚への大きな愛と膨大な知識。
そして優しくユーモラスなキャラクターで人気の、さかなクンの半生を映画化した本作。
のんさんが、性別の垣根を越えて主人公のミー坊(さかなクン)を演じることでも話題になっています。

のんさんはオファーを受けた時「びっくりしました。最初は『私がさかなクンをやってもいいの!?』って‥」と告白。だけど「なんか腑に落ちた。もしかしたら、のんなのかもと思って‥ のんが良いのかもとすごく腑に落ちて、めちゃめちゃ嬉しかった」と納得しつつ、喜びました。

実際に出演してみて「本当に楽しかった。自分がうまくいかない時でも、主人公は自分が好きなものに真っ直ぐ突き進む。それを突き通すから人生が良い方に向かっていくんだなと、そういう希望に満ち溢れた役柄だった。キャストの方も素晴らしかった」と振り返りました

監督の沖田さんは、のんさんにオファーしたことについて「自分でものんさんで(さかなクンを)見てみたいなと思った。僕も腑に落ちたというか‥ 不思議と似ている気がした」とのこと。

さかなクンにも、のんさんが自身の役を演じたことについて問うと「もう『ギョ!ギョ!ギョー!のんさんだ~!』って。こんなにうれしいことはない。超憧れていたので、元気をもらえた!」とジャンプ。 最大限の「ギョギョギョ!」で喜びました。

夏帆さんは、のんさんと初共演だったことについて「(撮影時)言葉を沢山交わしたわけではないけど、のんさんと一緒にいる時間がすごく心地よくて、とても楽しかった。カメラが回っている時も気を抜くとのんさんの瞳に引き込まれてしまうというか、目が離せなくなる吸引力のある方だった」と褒めました。

磯村さんは、現場で印象に残っている出来事について「僕と同じくらいの同世代の俳優たちと共演したけど、皆どうにか沖田監督に気に入られようと、あれやこれやと自分の武器を出して勝負をしていた。でも、武器がだんたん無くなってくると、裏で『次はあれにするか~?』『これは沖田監督にハマるか?』とめちゃくちゃ話していました。大喜利大会が後半は始まっていた。そんな中、プレッシャーもあった。良いシーンにしたいなと。結構壮絶な現場だった」と明かしました。

映画『さかなのこ』は9月1日(木)より TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー!
配給:東京テアトル
(C)️2022『さかなのこ』製作委員会
The post <フル>「のんの瞳に吸い込まれた」夏帆ら登壇 映画『さかなのこ』舞台挨拶 first appeared on フィールドキャスター.

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ