まさに三次元大介… リアルすぎる『ルパン』コスプレイヤーがコミケで話題に

しらべぇ




東京・有明で13~14日に開催されたオタクの祭典「コミックマーケット100」(C100)。そのコスプレ広場に、完成度激高い“次元大介”が登場し話題を呼んだ。

画像をもっと見る

■たたずまいがほぼ「二次元」




『ルパン三世』シリーズでおなじみの次元に扮したのはコスプレイヤーのTaxさん。

クールに紫煙をくゆらす姿、ガンを構えるポージング、さらにはヒョロッとスマートなボディライン、ちょっと丸みのある革靴まで、まさに深いキャラ愛を感じさせる再現度だ。独特の渋さも本当に原作まんま…。

関連記事:コスプレ会場でファン魅了し続ける『着せ恋』 大胆衣装が大変キュートで…

■女性レイヤーが集まり…




コスプレ会場にはTaxさんを撮りたいと男性カメラマン、さらには女性参加者が列をなしており、撮影の順番が回ってくると「本当にかっこいいです…!」と黄色い声を上げる女性コスプレイヤーグループも。中には一緒に記念写真を撮りたいと申し出る男性もおり、コスプレ会場に感動すら生んでいた。

Taxさんにツイッターアカウントを尋ねると「自分、ツイッターやってなくて…」と意外な返答。ネットにおけるコスプレイヤーの交流の場はツイッターと相場が決まっているが、SNSにタッチしていないストイック(?)な姿勢もなんだか次元っぽい。

■「三次元大介」


ネットでは、すでにTaxさんのコスプレ写真が話題となっており、「雰囲気といい体形がそっくり」「三次元大介」「そのままアニメから出てきた感じ…」と称賛の声が。

一方で先月末、50年以上にわたって次元の声を務めた声優・小林清志さんが亡くなったことを回顧し、「小林清志さんが偲ばれます」「あばよ次元」とつづるルパンファンも散見されている。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ