『シー・ハルク:ザ・アトーニー』カット・コイロ監督だから描けたMCU新要素 マーク・ラファロも魅力熱弁

クランクイン!

 8月18日16時配信開始となるマーベル・スタジオのドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(ディズニープラス)で監督に抜てきされたMCU初参戦のカット・コイロについて、長年ハルクを演じてきたマーク・ラファロが「カット監督にしか表現できない、見たことのない要素をMCUに持ち込んだよ」と絶賛。全く他ジャンルの作品を手掛けてきた彼女だからこそ表現できた本作の魅力を解説した。

本作は、望んでもいない“ハルクのパワー”を手に入れてしまったせいで、“普通の生活”を失ってしまったジェニファー・ウォルターズ(タチアナ・マスラニー)の物語。彼女は突然の変化に困惑しながらも、シー・ハルクとして、仕事、恋愛、友人関係など、さまざまなことに全力で挑戦していく。ハルク(マーク・ラファロ)はジェニファーの親戚のおじさんとして登場する。

10年以上ハルクを演じてきたマーク・ラファロは、本作が初タッグであるカット監督について「彼女は本当に優れた監督で、彼女にしか表現できない、これまで見たことないような独特の要素をMCUに持ち込んだんだ。女性の視点からスーパーヒーローの物語を描くのはすごく新鮮だったし、とてもユニークで、コメディ要素に溢れていて、皮肉っぽい感じも最高だったよ。この作品に参加できたことをとても嬉しく思う」と、監督にしか描けなかった本作の魅力を熱弁。

カット監督といえば、今年の春公開のラブコメ映画『マリー・ミー』を手掛けたことでも知られる。ジェニファー・ロペス演じる人気歌手の主人公は、彼氏の浮気が原因でやけになり、コンサートに来ていたさえない高校教師に突然の逆プロポーズ。主人公が仕事や恋愛に奮闘しながら、交際を通して自分を見つめ直し、成長していく物語だ。

この“大人の女性の成長”は本作でも遺憾なく発揮されていたようで、カット監督は「ジェニファーは、突然現れた自分のアイデンティティと向き合って、成長していくの。そんな彼女に、私が実際に経験したことなどを思い起こして、あてはめていったわ」と主人公の成長に言及。作品により説得力を持たせるため、自身の経験を反映させていたことを明かした。

予告編では、ジェニファーが「私はヒーローじゃない」「普通の弁護士でいたい」とハルクの教えに反抗する一方で、“緑の容姿”と“最強パワー”を自分の個性だと受け入れ、ヒーローやヴィランを弁護する“超人専門弁護士”として働くことを決意するなど、〈自分にしかできないこと〉に全力で取り組む姿が描かれている。さらに、ひとたびシー・ハルクの姿でドレスアップして外出すれば、周りの人全員が振り返る美しさを発揮。その美貌を武器にする姿も見せている。そんな“自分の受け入れ難い一面”をポジティブにとらえ、人生を満喫するジェニファーの姿は共感を呼びそうだ。

マーク・ラファロは「この物語は、ハルクとシー・ハルクの家族の関係を見られるのはもちろん、他の人とも深く関わっていくんだ。それらを女性ならではの視点で、共感できるように描かれている。しかも、様々なサプライズや、コメディ要素も盛り込まれているんだ」と、ストーリーへ自信をのぞかせながら、MCUならではのサプライズ要素についても語っている。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は、ディズニープラスにて8月18日16時より日米同時配信開始。

当記事はクランクイン!の提供記事です。