ヨン・ウジン×イ・ジウン/IU共演『夜明けの詩』日本版予告公開 観る人に寄り添うヒーリングストーリー

クランクイン!

 韓国の俳優ヨン・ウジンとイ・ジウン/IUが共演する、映画『夜明けの詩』より、日本版予告と場面写真が到着した。

本作で監督・脚本を務めるのは、韓国版『ジョゼと虎と魚たち』での繊細な演出と映像美で観客を魅了したキム・ジョングァン監督。物語の舞台はまだ冬が残るソウル。主人公の小説家・チャンソク(ヨン・ウジン)は、イギリスから7年ぶりに帰国し、時間を失くした女(イ・ジウン/IU)、想い出を燃やす編集者(ユン・ヘリ)、希望を探す写真家(キム・サンホ)、記憶を買うバーテンダー(イ・ジュヨン)と出会う。心に深い葛藤を抱えながらも、人生を歩み続ける4人との出会いを経て、チャンソク自らも、心に閉ざしてきた記憶と向き合い始める―。

主演を務めるヨン・ウジンは、Netflixドラマ『39歳』、映画『愛に奉仕せよ』(公開中)といった話題作に出演し、柔らかい眼差しや深みのある演技力で、観客を魅了する“ロマンス職人”。共演は、第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で2冠に輝いた、是枝裕和監督の最新作『べイビー・ブローカー』(公開中)に出演し、6月にはプロモーションで6年ぶりに来日を果たしたイ・ジウン/IU。さらに、韓国の名バイプレイヤーとして名をはせるキム・サンホはじめ、イ・ジュヨン、ユン・ヘリら演技派俳優が集結する。

公開された日本版予告編では、心に深い葛藤を抱えながらも人生を歩み続けている登場人物たちの掛け合いシーンが描かれると共に、美しいピアノの旋律で本作が持つ純文学・ファンタジー小説の様な世界観が表現されている。

場面写真では、ポスタービジュアルのメインカットとして採用されている、喫茶店でイ・ジウン/IUが、ヨン・ウジンの肩にもたれかかる様子などが写っており、映し出される美しいソウルの情景にも注目だ。

ヨン・ウジンは本作の韓国公開時、作品や出演について「キム・ジョングァン監督と一緒に仕事をする瞬間は本当に感動しましたし、学びの多い撮影でした。素晴らしい俳優の方たちと共演して、みなさんの演技を目の前で見られるだけで非常に光栄でした。今の時代を生きる全ての人々に、心の癒しを与えられる映画だと紹介したいです」と語ったそう。

チケットは全国の上映劇場(一部除く)・メイジャーオンラインにて、全国共通特別鑑賞券が発売中。購入特典としてオリジナルポストカード3枚セットが付き、図柄にはヨン・ウジン、イ・ジウン/IUが全面に映るデザインが採用されている。詳細は本作公式サイトにて。

映画『夜明けの詩』は11月25日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。