男の本音♡【会話中の仕草】からわかる男性の気持ちって?

ハウコレ



男性と話をしている時、実は無意識に様々な仕草をしているものです。そして、その仕草には色んな本音が隠されていることも......。

この記事では、男性の仕草からわかる男性の本音について紹介していきます。

■お腹の前で手を組む
会話をしている最中、椅子に深く腰かけて背もたれにもたれかかり、お腹の前で手を組む男性は少なくありません。

この仕草は、リラックスしているかのように見えるのですが、実は自分を守ろうとしているようです。

警戒心を持っている時によくこの仕草をするので、「何か嘘がバレるかもしれない......」などと不安になっている可能性があります。

■ポケットに手を入れている
付き合い立ての時はないかもしれませんが、慣れてくるとお互いリラックスした状態で会話をするシーンも多いでしょう。

ポケットに手を入れてそのままの状態で話す男性は、手を組む仕草と同様、警戒心を持っている場合が多いです。何かを隠しているという本音でもあります。

ポケットに手を入れて話す時には、「何か言いたいことがあるのかな」と注視してみましょう。

■手を見えるところに置かない
実は、手は心を開いているかどうかに大きく関わってくるパーツのひとつ。手をあなたに見せている時は、それだけ心を開いているということになります。

逆に、手をギュッと握っていたり、手を見えないところに置くようにしている人は、それだけ心を開いていないということ。

「いつも手を出してくれないな......」と感じた時は、まずは相手の緊張感などをほぐしてあげるのがベストです。

■頬杖をついて話を聞く
頬杖をついている時は、見たままの印象のごとく、今の会話に退屈しているという証拠です。

特に興味のない話題の場合、人は頬杖をつきがちなので注意してみてください。つまらなそうにしていたら、話題を変えるなど工夫することが大切です。

■まとめ
「男性が考えていることがわからない......」と悩んでいる方は、まずは会話中の男性の仕草を観察してみましょう。そうすることで、少しづつ、男性の本音がわかるようになるかもしれません。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。