押切蓮介先生「コミケでハブられた思い出」 清野とおる先生とともに2002年に受けた仕打ちとは……!? Twitterで話題に

ガジェット通信



8月13日と14日、東京ビッグサイトにて日本最大の同人誌即売会であるコミックマーケットが開催されている。

前日の12日、アニメ化された「ハイスコアガール」をはじめ、数々のヒット作で知られる漫画家・押切蓮介先生がTwitterにて


コミケでハブられた思い出 1/4


とツイート。その後、2/4、3/4、4/4と続け、それぞれ4ページずつ計16ページの漫画をアップした。2002年のコミケの日、ネットのチャットルームの仲間たちと鍋を囲む計画があり、「東京都北区赤羽」などで知られる友人の清野とおる先生とそれに参加しようとコミケに参加したのだが、幹事より2人に告げられた言葉は……という内容。

大きな反響を呼び、清野先生は


20年前に俺たちを除け者にした「ヒゲメガネさん」から、この件に関して4回ほど謝罪を受けたけど、せっかくなので再来世まで許さずにゆこうと思う(笑)


と引用ツイートを行う。押切先生はそれに対し、


僕も10回くらい謝られたぜ?しかしながら末代まで許すつもりはないぜぇ?


と返信、清野先生は


俺は「民事訴訟」を本気で考えている次第だよ。

お盆休みが明けたら近所の弁護士事務所に相談しにいこうと思っているよ。


と返信を行っていた。

なんとも辛いエピソードであるが、「この清野先生が後に壇蜜と結婚することになるとは」といったコメントなども寄せられていた。

こちら、コミックスの「ピコピコ少年SUPER」に収録されているようである。気になる方はチェックのほど。

※画像は『Twitter』より

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ