NHK受信料を払わずに災害へ備えるラジスマとは

ラジオライフ.com


最近は、ゲリラ豪雨や台風などの影響で停電するケースが目立ちます。停電が起きた際、頼りになる情報源がラジオです。ラジオのよい点はテレビと違い少ない電力で聞けるほか、持っていてもワンセグのようにNHK受信料を支払う必要がないこと。さらに、最近ではラジオ内蔵のスマホ「ラジスマ」も発売されているのです。

NHK受信料を払わずに災害へ備えるラジスマとは

ラジスマとはスマホにFMラジオ機能


「ラジスマ」とは、スマホにFMラジオ放送の受信機能を内蔵したモデルを指す言葉で、シャープやFCNT、サムソンなどさまざまなメーカーが続々と参入中です。携帯電話キャリアも、大手のNTTドコモ・au・ソフトバンクのほかUQ・Y!mobileも選べるほか、simフリーモデルもラインアップに加わっています。

ラジスマの各モデルには、初期状態でradikoがインストールされているほかに、内蔵のFMラジオチューナーで電波を受信して放送を聞くことが可能。現在では、AMラジオ局も「補完放送」としてFMラジオを同時送信しているため、放送エリア内であればラジスマでAMラジオも楽しめます。

ラジスマでFMラジオを聞く大きなメリットのひとつは、電力消費量が少ないこと。画像があるテレビはもちろんのこと、radikoを利用しネット経由でラジオを聞くのと比べても低電力で聞けるため、停電時にスマホのバッテリー消費を抑えることができます。当然ながら、FMラジオの受信ではネット接続のパケット代もかかりません。

ラジスマはワンセグと違い受信料不要


さらに、ラジスマだけを所有しテレビを持たなければ、NHK受信料を支払う必要がないというメリットもあります。この点、ワンセグ内蔵スマホであれば所有するとNHK受信契約を結ぶ必要があり、「ふだんテレビは見ないし災害時しかワンセグは使わない」という理由ではNHK受信契約を逃れることができないのです。

かつて、NHK受信契約にはラジオ契約があり、ラジオを所有する世帯もNHK受信契約が必要でした。しかし、テレビの普及が進んだこともあり、1968年にラジオ契約は廃止され、以降はNHKラジオを受信するだけであればAM・FM放送ともに受信料は不要となっています。

このほか、FMラジオには各市町村を放送エリアとする「コミュニティ放送局」が各地に存在。地元の災害情報を伝えることも重要な役割となっています。ラジスマならそれらの地元の災害情報も受信できるというわけです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。