熱で食欲が低下した息子の行動が話題 「母の料理が食べられず悲しい」と言った直後…

しらべぇ




発熱すると、体力や腸管機能の低下によって食欲が落ちてしまうもの。以前ツイッター上では、「発熱した子供」の看病をする母親の投稿が話題になっていたのをご存知だろうか。

【話題のツイート】母親の手料理が食べられずに…

■感動する台詞を言った直後


「先日、息子が高熱を出したので栄養が取れる+喉越しが良い+息子の大好物を作ったのですが食欲がないみたいでほとんど口にせず。『お母さんのご飯食べたいのに…食べられないのが悲しい』って言ってくれてウルっとした数分後にカップラーメン一杯平らげた時は正直フリーズした」と投稿したのは、ツイッターユーザーの田中ですさん。

熱が出ると発汗するので無性に塩辛いものが食べたくなってしまうし、子供のためを思い栄養が摂れるものを作った母…双方の気持ちが分かる。母親の料理が食べられず悲しいと思う息子は、健気でかわいいなぁ。カップラーメンを食べている時はきっと、申し訳なく思っていただろう…。

関連記事:進化するカップヌードルにも注目 「日清食品」最新売れ筋ランキング

■ネットではほっこりする人も


田中さんの投稿にネットでは、「体調が悪い時って確かにカップ麺食べやすかったりする」「塩分濃いもののほうがこういう時に食べやすいし、胃腸炎の時も吐きにくい」「飲んだ後、ラーメンが異様においしく感じるのと似たような現象ですかね」など、カップラーメンを食べた理由を考察するコメントが続出。

他には、「かわいいなぁ」「欲望に忠実なのよねw」「しょっぱいもののほうが食べられるけど、お母さんのものも食べたいんだろうね」といった具合に、息子の行動にほっこりした人からの声も…。

■自分用にカップラーメンを作っていると


今回の投稿は、わずか数日で7万件を越えるいいねを獲得。話題となった息子は9月で7歳になる少年で、普段の性格は優しく甘えん坊だという。

当時の状況を田中さんに聞いてみると、「息子にはどれか1つでも食べられたら…と野菜たっぷりのうどん、豚汁、そぼろ粥を作りましたが、食べられませんでした。てっきり食欲がないものだと思い…残したものを下げた後に、私が自分用にカップラーメンを作っていたら、『僕も食べたい』と言われました」と説明してくれた。

■気になるその後の会話は…


気になるその後の会話については、「息子が『カップラーメンおいしい』と言ったので、私が『おいしいね』と返すと、『明日もカップラーメンがいい』という流れです。ちなみに息子用に作ったご飯たちは、私がおいしくいただきました(笑)」とのこと。

丁寧な看病と、カップラーメンのおかげ? もあって息子の体調はすっかりと良くなり、今では元気に走り回っているという。ちなみに田中さんは、知育玩具などを取り扱う株式会社キットウェルの広報をしているので、気になる人は「公式インスタグラム」をチェックしてみてはいかがだろうか。


当記事はしらべぇの提供記事です。