スイカ、塩以外に合うものがあった 「アレ」をかけたら”神的ウマさ”に…

しらべぇ




夏の風物詩の一つ、スイカ。あの甘い実を食すと不思議と暑さも吹き飛ぶ。そんなスイカには、かねてから塩をかけるのが一般的だ。

だが、世の中にはたくさんの調味料があるのだから、他にもっと合うものがあるのではないか。甘いもの、酸っぱいもの、辛いもの、様々な調味料をふりかけて食べてみると…。

【写真】スイカとの相性バッチリな「神アイテム」

画像をもっと見る

■様々な味の調味料で検証


そもそも、スイカに塩をかけるのは甘味を引き出すためだ。人間の味覚センサーといえる「味蕾(みらい)」は2種類の味を感じると、どちらか一方の味が引き立つようにできているのだそう。つまりしょっぱさによって、スイカの甘みが強くなるということだ。

ただ、ブラックニッカに浸して食べると禁断の味付けになるなど、まだまだスイカの良さを引き出すものが存在すると思う。そこで、今回様々な調味料をスイカに振りかけて最高の組み合わせを探すことにした。

用意したのは、ハーブソルト・砂糖・はちみつ・七味・ポッカレモン・マヨネーズの6つ。甘味、酸味、辛味によって、スイカのウマさを引き立てるものを探すのだ。

わかりやすくするため、記者が食べた結果をそれぞれ5点満点で記すことにする。

関連記事:ヒカキンが油で揚げて美味だった高級フルーツとは… 「一番ポテトっぽい」

■「甘さ」は失敗に


「甘味」から検証スタート。スイカの持つ甘さと調味料の甘さは異なるので、上手く調和するものを探すことにした。



まずは砂糖をかけてみる。子供の頃に「え、なんで塩? 砂糖のほうがいいじゃん」と思った人もいるはず。…と、期待して食べたが、結果は5点中3点。

スイカの水分が多いため、砂糖の味が薄まってしまったのだ。正直、変化を感じられないレベルだが、もともとのスイカがおいしく、普通に食べることはできるので真ん中の3点とした。



続いて、甘さを増すためはちみつをかけて食す。…こ、これはマズイ。はちみつの甘みがスイカの良さを全て打ち消してしまっている。しかも、はちみつが水分のせいで妙にシャバシャバしてしまい最悪である。これは最低点数の1点だ。

やはり塩以外はあり得ないのだろうか…。弱気になっていたが、後に塩を超える組み合わせを発見するのであった。

■辛さを加えるも…




「甘味」ではケンカしてしまったので、今度は「辛味」でチャレンジ。七味をまぶして食べてみた。

食べた瞬間のピリッとした刺激は悪くないが、やはり途中から水分で薄まってしまい何とも言えない味に…。おいしいとは言い難いがギリギリ食べられるため、3点寄りの2点。



続いて王道の「塩気」にアレンジを加えたハーブソルトもかけてみた。…お、これはおもしろいかも。



粗めの塩によるガリッとした食感と鼻に抜けるハーブの香りは新しい感覚。ただ、あくまで変化球で食すならありというレベルで、「普通の塩でいいや」となってしまうため3点だ。

■酸味が相性抜群だった


ラストは「酸味」でトライ。ほどよい酸味のあるマヨネーズをかけた。



一瞬、うわ…と思ってしまった人もいるかもしれないが、意外にもマヨネーズの酸味と甘味が上手く調和した。レタスに巻いて食べるなど、サラダぽくしてもいいかもしれない。なかなかおいしかったので4点だ。



最後に、マヨネーズより酸っぱさをダイレクトに感じるポッカレモンをかけた。これが最高にウマい! 最初に酸味がくるのだが、後からスイカの甘みが押し寄せてきて相性は抜群。どちらの良さも打ち消されず、個人的に塩よりおいしいと感じた。

暑い中外を歩いたり、スポーツをした後に食べればさらにおいしくなると思う。文句なしの5点だ。

今回の検証の結果、「酸味」がスイカとの相性がいいことが分かった。酸っぱい調味料は他にもたくさんあるので、まだまだスイカがおいしくなる可能性はありそうだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ