ニック・ケイヴの歌とユキヒョウの生きる厳しく美しい大自然が重なる 『ベルベット・クイーン』主題歌「We Are Not Alone」字幕付MV

SPICE


8月27日(土)に封切られる映画『ベルベット・クイーン ユキヒョウを探して』から、主題歌「We Are Not Alone」の字幕付きミュージックビデオが公開された。
(C)PAPRIKA FILMS / KOBALANN PRODUCTIONS / ARTE FRANCE CINEMA / LE BUREAU – 2021
(C)PAPRIKA FILMS / KOBALANN PRODUCTIONS / ARTE FRANCE CINEMA / LE BUREAU – 2021

『ベルベット・クイーン ユキヒョウを探して』は、野生動物写真家のヴァンサン・ミュニエ氏と、フランスの作家・地理学者のシルヴァン・テッソン氏が、地球上で最も手つかずの野生動物保護区・チベット高原を横断する旅程を綴ったドキュメンタリー映画。ふたりは、幻とされる希少動物のユキヒョウを探す中で、マヌルネコ、チベットスナギツネ、チベットアンテロープ(チルー)、ノヤクたちとも出会い、過酷な環境の中で生きるその姿を映像に収めることに成功している。なお、本作は2022年のフランス・セザール賞では長編ドキュメンタリー最優秀作品賞に輝いているほか、複数の映画祭でも受賞。2021年のカンヌ国際映画祭にも正式出品されている。音楽を手がけるのは、ニック・ケイヴとウォーレン・エリス。作品に魅了された二人は、自ら望んで全編にわたって劇中音楽を手掛けている。また、主題歌「We Are Not Alone」を収めたサウンドトラックも各国でリリースされている。

公開されたミュージックビデオは、主題歌「We Are Not Alone」とともに映画の映像をフィーチャーしたもの。4分弱の映像では、本編に収められたチベット高地の厳しくも美しい自然や、そこに生きる数々の野生動物たちの姿を垣間見ることができる。

「We Are Not Alone」では、この旅を経てシルヴァン・テッソンが綴った「我々はひとりじゃない。それは生きるものすべての宿命である。だからこそ、共存することの大切さに目を向けなければならない」との言葉を詞に、ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスが作曲を担当している。

※この映画の収益の一部はWWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)に寄付される。

『ベルベット・クイーン ユキヒョウを探して』は8月27日(土)新宿K’s cinemaにてロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ