道路影響予測 あす午後ほど台風8号による影響大 延期や迂回ルートの検討も

日直予報士

台風8号は、あす13日に東海や関東にかなり接近、上陸の恐れ。東海や関東甲信の道路を中心に気象影響リスクが高くなります。

●台風8号 あす13日にかなり接近、上陸の恐れ

台風8号は、あす13日、東海や関東甲信へかなり接近、上陸する恐れがあります。

あす13日は、台風本体や台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、東海や関東を中心に、雷を伴った非常に激しい雨が降り、警報級の大雨となる恐れがあります。また、台風の接近に伴い風も強まるでしょう。

●道路気象影響予測

あす13日は午後ほど東海や関東甲信の道路を中心に気象影響リスクが高くなります。

非常に激しい雨が降ると、道路が一気に川のようになり、冠水したり、車輪と路面の間に水膜ができてブレーキが効きにくくなる可能性があります。風も強まるため、横風に流されやすくなるでしょう。

通行止めの道路が出る可能性もあります。あす13日の午後に移動する場合は、東名高速道路よりも中央道や上信越道など内陸側や日本海側の道路をできるだけ使う方が影響が少ないでしょう。

お盆休みで多くの人が移動する時期です。予定を見直したり、迂回ルートを検討したりするなど、無理のないようになさってください。速度を落として、車間距離を取るなど、いつも以上に安全運転を心がけてください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ