市川海老蔵に野球ファン激怒!“場違いファッション”でグラウンドに登場

まいじつ

市川海老蔵 
市川海老蔵 (C)まいじつ 

歌舞伎俳優の市川海老蔵が8月9日、インスタグラムを更新。同日に行われたプロ野球『オリックス・バファローズ』対『東北楽天ゴールデンイーグルス』戦で始球式を行なった長女・市川ぼたんの姿を公開した。しかし、娘の活躍よりも意外な点で目立ってしまった海老蔵に、野球ファンから怒りの声が上がっている。

海老蔵は《ほっ! とりあえずなんとか無事に》と綴り、ぼたんが無事に始球式を終えたことを報告。

ぼたんは、26日公開のアニメ映画『DC がんばれ!スーパーペット』で声優に初挑戦しており、この日は帽子に耳、スカートに尻尾を付けたかわいい子猫姿で登場。父の海老蔵が見守る中、笑顔で渾身の一球を投じた。登板後は「とっても緊張しましたし、難しかったです」と感想を伝えている。



すでに覇気を感じるぼたんの活躍に、ファンからは

《ナイス始球式。とてもかわいかったですよ》
《お疲れ様でした! ちょっとそれちゃったけどいい投球でしたね。なにより笑顔が見られてほっとしました》
《テレビで見てました。まだ幼いのに礼儀正しくてとても好感が持てました。声優も頑張って下さい》
《練習は裏切らなかったですね。マウンドからしっかり綺麗なフォームで投げる一球素晴らしかったです》

などといったように、反響を呼んでいる。

TPOをわきまえない市川海老蔵


一方、付添人としてグラウンドに現れた、父・海老蔵のあまりにも〝ラフすぎる格好〟に、野球ファンからは

《海老蔵さん、娘には礼儀作法をしっかり教えているようですが、まさかここでも短パンにビーサンとはね…。娘の前で恥ずかしくないんですか?》
《NPB、映画関係者はきちんと海老蔵に注意して下さい。あの格好は野球ファンを完全に馬鹿にしていますよ》
《その格好は無い。舞台にビーサンで上がるんか? 二度とグラウンドに入って欲しくない》
《金髪Tシャツに短パンとビーサンって…。そんな格好で神聖なグラウンドに降りてる人なんて見たことない。選手に対しても失礼すぎる》
《父親のこの格好は…。歌舞伎の舞台だって、どんな格好でもいいって事はないだろうに。娘が立派だっただけに余計に残念》

など、ブーイングが殺到している。

「海老蔵の格好は、スタンドでビールを飲みながら観戦しているファンと何ら変わりませんでした。観客だけでなく、両チームの選手も苦々しく思っていたようです。もし、自分の歌舞伎の舞台に同じような格好をした門外漢が現れたら、海老蔵は笑って許すのでしょうか…」(スポーツライター)

娘のぼたんがしっかりとしていただけに、親の情けない姿が目立ってしまったようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ