【衝撃】レストランで“まさかの要求”をしてきた男性。→指摘すると大激怒され、呆れる…!!<金銭トラブル>

lamire


簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

半分っておかしいよね?


ある男性とデートをしたときのことです。
当時私は大学生で、相手は社会人でした。

大学生の私にとってはちょっとお高めのレストランに行くことになったのですが、会計時に男性から「半分もらっていい?」と言われ…。
普通に食事しただけなら何も問題はありませんが、私は1500円程度のものを頼み、彼は4000円程度頼んでいました。

「半分はおかしいよね?」と伝えると、男性はレジ前で大激怒。
私は恥ずかしくなり、お金を出しましたが、お店を出てからもずっと男性は怒っていました。

店員さんの前で恥をかかされたのが悔しかったのでしょうか。
「プライドがあるなら、自分が食べた分くらい払えばいいのに」と思った出来事です。
(女性/システムエンジニア)

財布を忘れる友人


よく一緒にいる友人グループのうちの1人が、いつも財布を忘れてきます。
ご飯の注文後や会計直前に言ってくるのでわざとだと思うのですが、問い詰めても「忘れるつもりはなかったんだよ!」と逆ギレする始末。
出典:lamire
「今は出しておくけど、後から返してよ」と言っても、返ってきたことがありません。
自分もお人よしすぎたのかもしれませんが、今はその友達とは距離をとっています。

(男性/学生)

いかがでしたか?


「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

以上、金銭トラブル体験談でした。

次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

当記事はlamireの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ