大人の事情?『オールドルーキー』ストーリーに矛盾発生「第1話では…」

まいじつ

綾野剛 
綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

8月7日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第6話が放送された。またもドラマ内で矛盾点が見つかり、視聴者から苦言が相次いでいる。

主人公は元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。

第6話では、正社員になった新町が、バスケットボール選手の新垣和人(浅利陽介)を担当することに。ベテランの新垣は、家族のために、所属するBリーグの千葉ジェッツから琉球ゴールデンキングスへの移籍を希望。新垣の実力から移籍はほぼ確実だったはずが、新垣が練習中にまさかの大ケガ。キングスとの交渉は暗礁に乗り上げてしまう。

そこで新町は、「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)に「自分が新垣の戻る場所をみつける」と言い切り、移籍先を必死に探すのだが…。

大人の事情で記憶をなくすキャラクターたち


「新町は移籍先を探す際、候補チームに対して、ひたすら頭を下げるだけの営業を行いました。この様子に同僚たちは、ちゃんと数字データを分析して、候補チームに渡すべきだとアドバイス。新町は『すうじ…?』と目から鱗だったようで、急いでデータを集め、再び移籍先を探していました」(芸能記者)

しかし実は新町、第1話の時点で自主的にデータ収集をして分析し、選手をサポートしていたことがある。その際は、ベテランの同僚すらも舌を巻くほどの活躍だったのだ。そのため、第6話でなぜか急にデータの概念を忘れた新町に対して、ネット上では

《おいおい…第1話時は塔子ちゃんにあんなにデータ持ってったのに…》
《第1話でデータ使ってたのに!》
《1話のサッカー選手の時はいい分析してたのにね》
《データとか大事だって今まででわかってたでしょ新町さん…》
《数字もデータも、あなたが1話で見せたサッカーの知識量と同じだよ》

といったツッコミが寄せられている。

『オールドルーキー』では以前も、選手のマネージメントに真摯に取り組むようになった社員が、次の回でまた選手を使い捨てのコマのように扱うなど、前回の記憶を失ったかのような行動を取っていた。

このドラマは脚本の都合で、キャラクターが記憶喪失になってしまうようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。