町田啓太「全員汗だくになりながら…」『テッパチ!』第二部に向けコメント

TVerプラス

町田啓太が主演を務めるドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第二部が、8月17日(水)からスタート。第二部では、厳しい訓練を乗り越え、晴れて陸上自衛官となった国生宙(町田)や馬場良成(佐野勇斗)が普通科隊員として配属されたところから新たに物語が始まる。

本作は、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた完全オリジナル企画の物語。未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙……など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは……」と悩みながらも奮闘していく。

希望の部隊へ配属されて喜んでいる2人の前に現れたのは、教官として指導してくれていた桜間冬美(白石麻衣)だ。冬美へ思いを寄せる宙は、卒業後再び出会えたことに驚き、動揺を隠しきれない。冬美は1尉に昇級し、宙たちと同じ普通科隊員として異動になっていたのだ。上司となった冬美に対して複雑な思いを抱えながら隊舎に向かった宙と馬場を待っていたのは、くせ者ぞろいの先輩自衛官たち。

要領が良くクールガイで、何かと女性にモテる爽やか系イケメンの風間速人(工藤阿須加)。中卒で勉強が苦手でギャンブル好きのバツイチ・金子慎也(桐山漣)。宙や馬場たちが所属する班の班長で、酒飲みの筋肉マニア・大木隆之(久保田悠来)。班内で年齢は一番年下だが優秀で宙や馬場たち後輩に対しては何かと厳しく、ちょっと嫌みな性格の野村晴樹(結木滉星)ら4人の先輩自衛官だ。手荒い歓迎を受ける宙と馬場は、不安な思いとともに新たな生活がスタートするのだった。

そんな中、災害派遣要請を受け、実際の現場へ出動することになった宙と馬場は、初めての避難誘導に戸惑ってしまう。その避難所には、オリンピックの強化選手にも指定されているスケートボード選手・芝山勝也(水沢林太郎)も避難してきていた。この1人の青年との出会いが、宙の自衛官としての人生を大きく動かすことになる。

<第7話あらすじ>
厳しい訓練を乗り越え、晴れて自衛官となった国生宙(町田)は、候補生のときに同じ班の仲間でバディでもあった馬場良成(佐野)とともに普通科隊員として南関東駐屯地に配属される。そんな宙たちの前に、教官だった桜間冬美(白石)が現れた。1尉に昇級した冬美も、普通科隊員として宙たちと同じ駐屯地に異動になったのだ。

そして、隊舎に向かった宙と馬場を待っていたのは、先輩自衛官たち。班長で1曹の大木隆之(久保田)、バツイチで大木の次に古株の金子慎也(桐山)、大木いわく駐屯地イチの爽やかイケメンだという風間速人(工藤)、年齢は班内で一番年下だが優秀な野村晴樹(結木)の手荒い歓迎だった。先輩たちからのイタズラに耐えつつ、押し付けられる雑用をこなしながら日々の厳しい訓練に明け暮れる宙たち。

その後、災害派遣要請を受けた冬美や大木班の一同は、現場へ出動することに。初めての避難誘導に戸惑ってしまう宙と馬場。そこには、避難していた一般人のオリンピック候補生・芝山勝也(水沢)がいて……。

<町田啓太 コメント>
――第一部最終話を終えての感想をお願いします。

ご覧頂いている皆さんには、はみ出し者の僕たち自衛官候補生の成長を見守ってくださりありがとうございました、とまずはお伝えしたいです。このメンバーとだからこそ、青春という言葉だけでは足りないくらいの深くかけがえのない時間を過ごさせてもらいました。この出会いに感謝しています。特に第6話は築けた関係性がそのまま役を通して作品に現れていると思いますし、それを楽しんで頂けたなら幸せです。この先、歳(とし)をとっても撮影時の話をしながら笑い合っている姿が目に浮かびます。

――第二部スタートを迎えての感想をお願いします。

シーズン2が始まった感覚です。新たな仲間たち、個性豊かな人物たちと築かれていく家族のような一体感を日々楽しみながら撮影しています。陸上自衛官の日常と人間模様を描きながら、訓練だけではなく実際に任務に当たり、守るべきものや命というものに触れていきます。和やかに進む撮影なのですが、その中に熱い空気感を感じています。その熱がどんな高まり方をしていくのか楽しみでなりません。

――視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

改めまして、『テッパチ!』をご覧頂きありがとうございます。皆さまには回を重ねる度により楽しんで頂くべく、ドラマに関わる全ての方々と一体となって日々奮闘し、全員汗だくになりながら打ち込んでいます。今後の第二部の展開も是非楽しみにしていてください!

当記事はTVerプラスの提供記事です。