コロナ、メンバー負傷… 「豆柴の大群」逆境負けずTIFで最高のパフォーマンス

しらべぇ




アイドルユニット・豆柴の大群が6日、東京・お台場で開催されたアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL2022」(TIF)に登場。息の合ったパフォーマンスで、フジテレビ湾岸スタジオ屋上「SKY STAGE」を白熱させた。

画像をもっと見る

■クロちゃん手掛けたユニット




2019年、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内企画で安田大サーカス・クロちゃんがプロデュースし誕生した豆柴の大群。

デビューシングル「りスタート」はオリコンウィークリーランキング1位を獲得し、2020年10月からはTOWER RECORDSからavex traxにレーベルを移籍。これまでにシングルCD5本、アルバム3枚をリリースしており、7月に新曲「豆んJOY/間違いだらけのヒーロー」が発売されたばかりだ。

関連記事:#2i2、猛暑のステージで躍動感あるパフォーマンス&激しいデスボイスで魅了

■コロナ余波を受け




新型コロナウイルスまん延の影響で3年ぶりの夏開催となった今回のTIFだが、豆柴の大群メンバーにもその余波が及んだ。

7月26日、メンバーのナオ・オブ・ナオ、ミユキエンジェル、カエデフェニックスの罹患が判明し、アイカ・ザ・スパイ、ハナエモンスターの2人は陰性ながら濃厚接触者として一時的にライブ出演をストップ。

今回のTIFについても当初は「検討中」と発表するなど、ギリギリのタイミングでメンバー全員が復活を果たした形だ。

■さらに不運が…




またメンバーのカエデは7月頭に足を負傷。全治6週間という状態で一時的に活動休止も検討したが、カエデ自身の強い希望で「立ち位置固定」という異例の体制でライブ出演を決めた。

ステージ上では他メンバーが振り付けでサポートしつつ、ライブを盛り上げていた。

■盛り上がりは最高潮に




ステージが始まると、「豆豆豆豆豆豆ま…」のフレーズがインパクト大な人気曲「豆柴の大群-お送りするのは人生劇場-」からスタート。



その後「FLASH」、「間違いだらけのヒーロー」と激しいダンスと歌唱の曲が続き、ラストとなるクロちゃん作詞作曲のデビュー曲「りスタート」が流れると会場の盛り上がりは最高潮に。度重なる逆風に負けず最高のパフォーマンスを見せてくれた。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ