婚活を1日でも早く成功させるための基本テクニック

カナウ


婚活を1日でも早く成功させるための基本テクニック

長いあいだ婚活を続けているけれども、なかなか良い人に巡り会えない……。こんな悩みを抱えている人は多いと思います。

しかしその理由を「運とタイミングが悪いだけ」といって自分ではコントロールできないところに置いていませんか? 果たして、本当にそうなのでしょうか?

婚活をしても、なかなかいい人に巡り会えないのは、もしかしたら努力の方法が違っているのかもしれません。

結婚は自分にとって大切な目標。1日でも婚活を早く成功させたいなら、まずはポイントをおさえておきましょう。

目次



焦って空回りしない


矛盾していることをお伝えしますが、焦りは何事も禁物です。焦れば焦るほど判断を間違え、どんどん本来とは違う方向に進みかねません。
もし相手がいるならば、たくさんLINEをしたい気持ちも理解できますが、相手に考えさせる時間を与えてあげなければ、婚活はなかなか進まないでしょう。
1日でも早くという想いは大切にしながらも、焦りすぎないように自分なりにコントロール。空回りしたらすぐに反省会議を開いて、彼に対して同じ間違えを何度も繰り返さないように気をつけましょう。

自信をもつために自分磨きを楽しむ


婚活で勝利を手にするためには、自分に自信をもつことも必要です。外見も内面も磨きあげることでいつの間にかピカピカオーラとなり、やがて、自信へとつながります。
ポイントは、あえて努力している姿は見せずに、こっそりと楽しむことです。たとえば、お休みの前の日には、かわいいパジャマを着て寝てみたり、いつもより長くお風呂に入ったり、些細な努力が大きな成果を惹きつけるのです。
コツコツと努力を積み重ねたら、きっとその努力を言わなくてもちゃんとわかってくれる(もしくは気づいてくれる)人と出会えるはずです。

お互いの領域を大切にしながら距離を縮める


婚活で距離を縮めるときにいちばん気をつけたいのは、「距離を縮めすぎないこと」です。相手が結婚を考えている人であったとしても、入ってほしくない領域があるかもしれません。
過去について気になっても聞くべきタイミングがあります。お互いに言わないだけで婚活はしていても過去の恋にまだ縛られている可能性はあります。
それでも前に向かって今は進もうとしているなら、相手の聖域に土足では踏み込んではいけません。結婚に向けて具体的に動く段階になったら相手も話す覚悟ができるでしょう。

婚活疲れは放置しないこと


もし今、婚活に疲れているならほんの少しだけ休憩してみてもいいのかもしれません。あえて離れてみた方が、今の自分を客観的に分析できるはず。
婚活疲れを癒したうえでリスタートしたら、きっと今すぐではなくてもいつかは運命の人が現れるでしょう。
その瞬間が訪れるまでは、自分磨きや仕事を通して自分の魅力を開花させましょうね。
(山口恵理香/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ