ふっくら生地&ソースが魅力! 直径50cm、本場仕込みの“ニューヨークピザ”

ananweb

フードエッセイスト・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『Maple Pizza(メープルピザ)』のピザです。

ピザはみんなの食べ物だ。田原町に6月にオープンしたピザショップ『Maple Pizza』にいるとそう思う。店にはタトゥーの入った少年から近所のおばあちゃんまで訪れ、垣根なく賑わう。その中心にあるのが店主のベンさんが焼く直径50cmの巨大なニューヨークピザだ。

子供の頃、父親がピザ屋(その名も『Maple』!)をやっていたこともあり、ピザに囲まれて育ったベンさん。ニューヨークスタイルのピザを日本に広めた『PIZZA SLICE』で約8年腕を磨き、満を持して独立したベンさんのピザは、とにかく生地がうまい。強力粉を2種ブレンドしてしっかり寝かせた生地は、粉の香りとふっくら感が魅力。二口目には思わず耳を頬張りたくなる。「イメージは、ピザトーストみたいなピザ。優しくふっくらとした生地感を出したくて」。ピザソースもオリジナルで、トマトのフレッシュ感を残した味わいを追求。酸味と甘みの絶妙なソースがピザ全体を包み込む。トッピングは定番のペパロニ(量多め。「たくさんのってる方がテンション上がりますよね」とベンさん)やチーズのほか、厚切りベーコンにパイナップルのハワイアンが並ぶ日も。ドリンクは冷蔵庫からセルフで取って、瓶のコーラを開けて乾杯。「長く町に愛される店になれたら」と言うベンさん。きっとそうなりますよ、と店を出るお客さんの満ち足りた笑顔を見て思った。

ペパロニスライス(¥550)とToday’s Sliceのハワイアンスライス(¥660)。サイドのピザ生地で作ったガーリックパン・ガーリックノット(¥220)は小腹にストライクな、やみつきボール(危険)。ドリンクはコカ・コーラ(¥330)に、サンペレグリノのリモナータ(¥418)など。お酒はバドワイザーやハイネケンなど瓶ビールも充実。

Maple Pizza 東京都台東区寿2‐4‐8‐101 妙見屋 TEL:070・2434・1818 11:30~20:00(19:00LO) 火曜、第2・4 水曜休 詳細はインスタグラム(@maplepizza_)で。

ひらの・さきこ 1991年生まれ。フードエッセイスト。著書にエッセイ集『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)など。

※『anan』2022年8月17‐24日合併号より。写真・清水奈緒 取材、文・平野紗季子

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ