腰周り全体をきちんと引き締める。1日1セット【痩せやすいお腹に整える】簡単習慣

beauty news tokyo


「気づかぬうちにお腹がサイズアップしていた」、「腰周りの贅肉が落ちにくくなってきた」と感じている方は少なくないと思います。それは“体幹が弱まっているサイン”かも。そこで習慣に採り入れたいのが、体幹を強化して痩せやすいお腹へと整えてくれるヨガの簡単ポーズ【ヴァシスターサナ(横向きの板のポーズ)】です。

ヴァシスターサナ(横向きの板のポーズ)


(1)床にひざ立ちになり、息を吸って左脚を真横に伸ばす



▲左手を左脚の上に置き、膝を真上に向けます

(2)息を吐きながら体を右に倒して右の手の平を床につける



▲右手は肩の真下につきます

(3)息を吸い、左手を右方向に伸ばす



(4)息を吐きながら左脚を上げて左方向に伸ばし、ゆっくり3~5呼吸(約30秒間)キープする



▲脚は無理ないところまで上げてください(床と平行にならなくてもOK)

(5)息を吸って左脚を下ろし、息を吐きながら上半身を起こして(1)の姿勢に戻る

手脚を変えて反対側も同様に行います。なお、期待する効果を得るためには「腰を反らさないこと」、「手を必ず肩の真下につくこと」の2つがポイント。特に手を置く位置が体に近すぎたり、遠すぎたりすると、バランスが乱れて余計な力がかかってしまって効果が落ちてしまうので注意しましょう。

お腹を痩せやすい状態に整えてくれ、さらにお腹や下腹のサイズダウンも図れるのがこのポーズの魅力です。最初はバランスをとりながらポーズをキープすることに難しさを感じるかもしれませんが、ぜひ習慣化して効果を実感してみてくださいね。<ヨガ監修:KEI(インストラクター歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。