捨てる前にひと掃除! キッチンがピカピカになるテクニック4選

grape

電子レンジで温める時、残り物を保存する時、おにぎりを握る時など、さまざまなシーンで活躍するのが、ラップフィルム。

一度使ったくらいではまだ使えそうなものの、洗って再利用はできず、惜しみながらもゴミ箱に捨ててしまいます。

ちょっともったいないので、ゴミ箱に入れる前に、ラップフィルムにもうひと仕事してもらいましょう。

鍋やフライパンの汚れを拭き取る

油で汚れたフライパンや鍋、皿は、スポンジで洗う前に、クシャクシャにしたラップフィルムで汚れをぬぐいましょう。

フライパンや鍋を油が付いたままスポンジで洗うと、スポンジにも油がこびり付いて、落とすのに苦労します。

ラップは油を吸着させやすい素材でできています。あらかじめ油をラップフィルムで取り除くことで、洗い物が楽になります。

クレンザーでコンロやIHクッキングヒーターの掃除

コゲや汚れを取るために使うクレンザーも、ラップフィルムを使うと効果的です。

スポンジを使ってこすると、スポンジがクレンザーの粒子を吸ってしまい、効果を十分に発揮できません。

一方、ラップフィルムはクレンザーの粒子を吸いません。そのため、クレンザーで汚れを落とすには、ラップフィルムが適しています。

ラップフィルムをクシャクシャにして角をたくさん作り、汚れを絡めとるようにこすります。

洗剤を付けてシンクの掃除

コンロやIHクッキングヒーターの掃除同様に、クシャクシャに丸めたラップフィルムを使用します。

ラップフィルムは柔らかな素材でできているので、コンロやIHクッキングヒーター、シンクを傷付けることなくきれいにできます。

『キッチンリセット』の最後には、ラップフィルムで洗剤を泡立てるようにシンクを磨きましょう。

落ちにくい油汚れはラップフィルムでパック

コンロの横の壁や電子レンジの中など、頑固にこびり付いた油汚れには、ラップフィルムを使ったパックが有効です。

汚れている部分に薄めた洗剤を吹きかけ、しばらくラップフィルムを貼り付けておきましょう。

タイルの隙間など、カビが生えている部分があれば、カビ取り剤を使ってパックします。

これは、ラップフィルムを貼り付けることで洗剤が流れ落ちたり、蒸発したりしないようにして、洗剤やカビ取り剤をしっかり浸透させる効果があります。

数分置いたのち、フキンなどで拭き取ると、汚れがきれいに取れます。

このように、使用済みのラップフィルムを有効活用することで、ムダにスポンジを使わずに済みます。きっと家事も楽になるはずです。

ただし、本来の用途とは異なるため、変色や細かい傷などには注意してください。

ラップフィルムを使うたびに少しずつ掃除をすることで、キッチンがピカピカになるかもしれませんね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ